四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 香川県宇多津町

【積石塚古墳(聖通寺山古墳)】
 ==積石塚古墳(聖通寺山古墳)==
 聖通寺山北峰頂上に立地するこの古墳は石を積み上げて墳丘を築造した積石塚である。一般の古墳は盛土で築造されているのに対し、積石による古墳は全国的ににも少なく特に古墳時代前期の積石塚の大半が讃岐に分布することから、早くよりその特殊性が重視されている。
 聖通寺積石塚の現状での墳丘規模は直径約12m高さ約2mであり東部分がやや膨らんだ楕円形を呈している。しかし、現状に至るまでに数回の積み直しがあったようであいり旧状は墳丘中央部がスリバチ状に窪んでいたともいわれる。東部分の膨らみは、この積み直しによる可能性が高く、墳丘の平面形態は円墳の可能性が強い。
 墳丘裾部や内部主体、また出土遺物等については不明な点が多いが、讃岐の他の積石塚と同様に古墳時代前期~中期(約四世紀~五世紀)頃の築造と推察されており、備讃瀬戸を一望し中讃海域の要所に立地することにより、被葬者はこれらの地域に」係深い有力首長ではなかったかと推察されている。
また一方で、仙石権兵衛の投石によってできたという民間伝承でも有名な古墳である。
 昭和六十三年九月 宇多津町教育委員会・坂出市教育委員会 説明板より転載しました。

 また此の山は、讃岐を初めて統一支配した仙石秀久の居城である聖通寺山城跡でもあります。

 写真は2012年9月3日撮影
 場所はワイワイマップ『古墳・経塚・貝塚などの遺跡map』にスポット投稿します。
 此の山からは天気が良ければ瀬戸大橋が対岸の岡山まで全て展望できる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

【天然記念物「ゆるぎ岩」】
 ゆるぎ岩は香川県綾歌郡宇多津町と坂出市にまたがる聖通寺山にあります・
 ゆるぎ岩は長さ3,5m、幅1,3mで重さ約10トンと推定される。岩は粗粒花崗岩特有の風化現象を示す貴重な史料である。
 この大岩塊が片手で容易に揺れ動くのも珍しい。(現在は動きません。)
 岩の頂部にミニ四国八十八ヶ所八十八番大窪寺の舟型石佛が建っています。(ゆるぎ岩の上ではありません。)
 香川県指定天然記念物 昭和四十八年五月十二日指定
 文は香川県教育委員会・宇多津町教育委員会 現地説明板より。
 写真は2012年9月3日撮影
 場所はワイワイマップ『滝・奇岩map』にスポット投稿します。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

【倉の館三角邸(旧堺邸)】
 倉の館三角邸(旧堺邸)は香川県宇多津町にあります
 この辺り一帯は高松藩の米の藩蔵や綿、砂糖の会所があり、讃岐三白の集積地でした。現在の地名「倉の前」と「三角屋根」の景観に因んで「倉の館三角邸」と名付けられました。
 此の敷地内に在る建物は、肥料販売業で財を成した「堺芳太郎」が昭和初期に接客用のお座敷として建築したものです。
 純和風の一階は書院造りの風格ある大広間を備え、雪見障子設えのお茶室もあります。二階の二つの和室にも、随所に趣向が凝らせられており、総じて、贅を尽くした高価な建築材料、粋を集めた建具、調度品など目を見張るばかりです。
 狭小ながらも坪の内の石組、飛び石、燈籠、蹲(つくばい)には、日本庭園の風情が伺えます。また、建物の一隅を占める避雷針の付いた「とんがり屋根」の洋館はハイカラなステンドグラスの窓に一新され、大正ロマンを彷彿させる構えとなっています。
 一階書斎兼応接間、二階は子供の勉強部屋とも言われ、螺旋階段がありました。外観は「和と洋」の程良い和合を醸し、屋敷全体を囲む高い塀、閂(かんぬき)の掛かった重厚な門は、当時の「堺邸」の豊かさを象徴しています。
 旧尋常小学校の子供たちには「三角屋根の家」と呼ばれ、恰好のお絵描きの対象となりました。平成8年(1996)に宇多津町が購入して改修保存し、現在は文化研修の場として大いに活用されています。

 倉の館三角邸(旧堺家住宅)主屋 1棟、 倉の館三角邸(旧堺家住宅)洋館 1棟、6 倉の館三角邸(旧堺家住宅)東門 1棟、倉の館三角邸(旧堺家住宅)塀 1棟が平成19年10月2日文化庁登録文化財に登録されています。

 文は現地説明板などより転載しました。
 写真は2011年3月6日・16日撮影
 場所はワイワイマップにスポット投稿します。

 東玄関門=登録文化財
イメージ 1

 主屋=登録文化財
イメージ 2

 洋館=登録文化財
イメージ 3

 塀=登録文化財
イメージ 4

 館内
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12


ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「文化財」検索→《歴史的縁の地、文化財、資料館などのMAP》を スクロールで選定する。

【西光寺と船屋形】
 諦観山・西光寺は香川県宇多津町にある浄土真宗本願寺派のお寺であります。
 西光寺の歴史については西光寺ホームページをご覧ください。↓↓↓↓
 http://saikouji.org/history.html

 船屋形茶室 香川県指定有形文化財(建造物) 昭和44年3月28日指定
 江戸時代末期に建造した旧多度津藩藩主の御座船と伝えられる船屋形である。
 由来については定かでないが元治元年(1864)に船下しした六二艘立の「順風丸」とする説や三十五反帆を誇った御座船「日吉丸」とみる説などがあってその伝承も一定していない。
 廃藩置県後西光寺境内に移し一部改造が加えられたが、昭和57年の移築解体修理によって創建当初の姿に復元された。この種の遺構は特に少なく現在確認されている船屋形は本件とを除けば旧姫路藩の船屋形(相楽園内)と旧熊本藩の細川家船屋形(熊本城内)と数えるのみである。西光寺
 文は現地説明板より転載しました。
 船屋形は何時でも見学は出来ますが、通常は漆などの退色が進んでいるので内部の公開はありません。お寺の法要時には雨戸を外して公開しています。
 写真は2011年3月16日撮影
 場所はワイワイマップにスポット投稿します。

 宇多津町 - Wikipedia
 宇多津町(うたづちょう)は、香川県のやや西に位置する町。 人口密度・人口増加率、 共に香川一である。 町名の由来は旧郡の鵜足(うたり)郡の津という事であり、古くは鵜足津とも表記された。
 かつては広大な塩田が広がっていた町だったが、1980年代以降塩田が埋め立てられ再開発が始まった。その後瀬戸大橋の開通にあわせ、JR宇多津駅舎も予讃線の移設(かつてはやや内陸部を走っていた)と合わせて高架化され、ゴールドタワー(四国一高い建造物158m)などの観光・商業施設の充実や高層マンションの建設や中層マンションのラッシュなど大きな発展をみせた。現在も徐々にではあるが発展し続けている。

 全容
イメージ 1

 山門
イメージ 2

 本堂
イメージ 3

 鐘楼
イメージ 4

イメージ 5

 船屋形
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「文化財」検索→《歴史的縁の地、文化財、資料館などのMAP》を スクロールで選定する。

【うたづ町家とおひなさん「池田屋」】
 「うたづ町家とおひなさん」は香川県宇多津町の宇多津古街、倉の館三角邸などで3月5日・6日開催された。
 うたづの町家とおひなさん実行委員会事務局 宇多津町社会福祉協議会などの主催で約100軒の民家・商家に飾られた、それぞれに個性のある「おひなさん」を、出格子や虫籠窓や町家の玄関に旧家の土間などに飾られたお雛様がマップ片手に町中散策できました。古いお雛様・豪華な雛様・可愛い雛様・八朔人形とその衣装などが展示されていました。ボランティアさんの運営で行っています。
 写真は2011年3月6日撮影 全ての写真は池田屋さんの展示物です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

↑このページのトップヘ