四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 愛媛県新居浜市

駅 名:星越駅跡
鉄道会社:旧別子鉱山鉄道
路線名:下部鉄道
開業日:明治26年(1893)
駅構造:
住 所:愛媛県新居浜市王子町1−4
解説等:新居浜選鉱場の操業に併せて設置された別子鉱山鉄道の駅舎。昭和4年(1929)には、鉱山鉄道が一般客も利用できる地方鉄道になり、星越駅で国鉄の切符も買うことができるなど地域の玄関口となった。近くにトンネルも現存している。
歴 史:下記Wikipedia参照
文化財:
資料等:Wikipediaなど  
撮影日:2020年8月9日


寺 名:白王山・萩生寺
本 尊:聖観音菩薩
開 基:
創 建:
宗 派:高野山真言宗
札 所:新四国曼荼羅霊場三十番札所
住 所:愛媛県新居浜市萩生2635

電 話:0897-41-1578
由 緒
 
資料等:新四国曼荼羅霊場WEBなど
駐車場:無料
H P:http://www17.plala.or.jp/hagyuji/
関連記事 
撮影日:2020年8月9日

700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

700-80

700-90

700-100

700-110

700-120

700-130

700-140

700-150

700-160

700-170

700-180



寺 名:龍宝山・明正寺
本 尊:聖観音
開 基:
創 建:
宗 派:真言宗善通寺派
札 所:新四国曼荼羅霊場二十九番札所
住 所:愛媛県新居浜市黒島136

電 話:0897-46-3039
由 緒
 下記HP参照
資料等:Wikipediaなど、
駐車場:無料
H P:http://www.nbn.ne.jp/~meishoji/
関連ブログ:善通寺与田寺
撮影日:2020年8月9日

700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

700-80

700-90

700-100

700-110

深尾権太輔墓
700-120


700-200


700-201


700-202


700-203


700-205

ダム名:鹿森ダム
ダム湖名:別子の湖(べっしのみずうみ)
河川名:国領川水系足谷川
左岸所在地:愛媛県新居浜市立川町
マピオンマップ↓↓↓↓

堰堤長:108.6m
堰堤高:57.9m
総貯水量:1590千立方m
目 的:FIP(治水・利水・発電)
形 式:越流型直線重力式コンクリートダム
ダム事業者:愛媛県
発 電:住友共同電力㈱山根発電所 ダム水路式 最大出力:6.700kw
着手/竣工:/昭和37年(1962)6月年竣工
四国堰堤ダム88箇所第56番堰堤札所
ダムカード:Var.1.0(2015.06)
解説等:国領川の相次ぐ氾濫に対する治水、工業都市新居浜市の工業用水への利水を主な目的とし、多目的ダム。
こだわり技術:東平発電所で利用された水は、国領川に設置された鹿森ダム(愛媛県)に貯留されます。
 山根発電所は、この水を使って最大6,700kWの発電を行います。
 発電後の水は新居浜市の工業用水およびかんがい用水に利用されています。
アクセス:
近隣施設:道の駅「マイントピア別子」、東平「東洋のマチュピチュ」
資 料:ダム便覧などから参照しました。
撮影日:2014年8月27日
記事訂正日:2016年11月8日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

第一青龍橋・第二青龍橋
イメージ 8

管理棟
イメージ 9

詳しい地図で見る

旧広瀬家住宅 重要文化財(建築物) 平成十五年五月三十日指定
愛媛県新居浜市上原2丁目 
電話:0897-40-6334
入場料:520円(新居浜市広瀬歴史記念館含む)
 旧広瀬邸は、「別子銅山を支えた実業家の先駆的な近代和風住宅」として国指定の重要文化財になった。
 母屋は明治十年建築、明治二十年の現在地に移築、新座敷と庭園は明治二十二年に建築・造園され、母屋二階の望煙楼からは、新居浜市を一望することができます。邸宅は伝統的な日本建築様式を持ちながら開国により西洋から輸入されたマントルピース、洋式便器、板ガラス、避雷針といった新しい文化が取り入れられており、そのふたつが見事に調和しています。そこに、西洋の進んだ技術により別子銅山を近代化した広瀬宰平の「遠大る計画」と「進取の気性」の思いを垣間見ることができます。

 記念館の概要
 幕末・明治の動乱期に、政府による接収や住友の経営難による売却から別子銅山をまもり、その開発の近代化を推進した「広瀬宰平」。彼はまた、わが国の産業の育成にも力を注ぎ国家の発展に貢献しました。
 この記念館は、宰平の足跡を通して新居浜の生い立ちと日本の近代産業の歩みをたどる施設です。
 展示館
 展示室入口にある現代の望煙楼と称した象徴空間では、南北に赤石連峰と燧灘の眺望を満喫することができます。そして、別子鉱山鉄道の切り通しを再現したジオラマを抜けると、宰平の人生がいくつかのテーマー毎に映像や実物資料、パネルを用いて紹介しています。
 叔父に伴われ9歳にして初めて別子銅山に赴いて以来、その経営維持に奔放し、採鉱・精錬や陸運の近代化を推進するなど、わが国殖産興業に尽力した宰平の姿がここにあります。
休館日:月曜日(祝日は翌日)、12月29日~1月3日
開館時間:9:30~17:00
駐車場:広瀬公園を使用(無料)
撮影日:2014年8月27日
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

記念館へ
イメージ 15

イメージ 16

 広瀬宰平(ひろせさいへい)像
 明治三十一年、宰平の古稀記念として住友家から贈られ、昭和十八年、戦時供出された。平成十五年春、高村光雲の木型を用いて東京芸術大学の手で復元されました。
年譜
文政十一年(1828) 近江国に医者北脇理三郎の次男として誕生
天保七年(1836)  叔父に伴われ、別子銅山に赴き、二年後勤務
安政二年(1855)  広瀬義右衛門の夫婦養子になる
慶応元年(1865)  別子銅山支配人に就任
明治十年(1877)  住友家総代理人(後に総理事)となる
明治二十四年(1891)別子鉱山鉄道敷設に着手、同二十六年竣工
明治二十五年(1892)民間人として初めて明治勲章を受賞
明治二十七年(1894)住友家を依願退職、三年後に須磨に隠棲
大正三年(1914)  死去、享年八十七歳
【大阪商工会議所・大阪株式取引所の設立発起人、関西貿易社・大阪製銅会社の設立発起人、住友家法を制定、大阪商船設立初代頭取、住友近江製糸場設立、その他】
イメージ 17


詳しい地図で見る

↑このページのトップヘ