四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 徳島県上板町

ダム名:吉野川第十堰
河川名:吉野川(旧別宮川)
住 所:徳島県の板野郡上板町第十新田(左岸)・名西郡石井町藍畑第十(右岸)
所在地 マピオンマップ↓↓↓↓

堰 長:約800m
目 的:灌漑、上水道供給、工業用水道供給、
形 式:敷石・コンクリート、コンクリートブロック、
着工/竣工:江戸時代中期に旧吉野川沿岸の農業用水確保のために造られた。昭和40年代以降にコンクリート補強。
四国堰堤ダム88箇所:番外堰堤札所第二番
資 料:現地説明板、ウィキペディアなど
撮影日:2017年6月6日

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16


イメージ 1

【仏王山 大山寺】
 仏王山 大山寺(たいさんじ) 開基は西範僧都 本尊は千手観世音菩薩
 四国別格二十霊場第1番札所で徳島県上板町大山(691m)の中腹(460m辺)にあり1月第3日曜日に「力餅」と呼ばれる、大鏡餅(86キログラム)を載せた三方(合計169キログラム)を抱えて歩く距離を競う行事が行われている。境内には樹齢800年と言われる巨大な銀杏の木がある。雄木なのか銀杏はついていなかった。境内は綺麗に掃除が行きわたって清々しいお寺でした。
 薄雪の墓=伝源義経主従は、平家追討に向かう途次鞍馬山の僧正坊と親交のあった当寺た大山寺の太郎坊を訪ね、武運長久の祈願を受け駿馬「薄雪」を献納した。白毛におおわれていたと伝えられ、この故事によって今も牛馬守護の信仰が続いていて参詣者が絶えない。没後は旧参道15丁目にあった義経ゆかりの「元結(もっとい)掛堂」の傍に葬られ五輪塔が建立され、以来、参道往来の人々に「義経の馬の墓」と呼ばれ親しまれる。その後現地に移転された。なお嘉永五年(1852)鋳造の銅馬は「薄雪」を偲んで奉納されたものである。以上の文は、現地案内説明板より転載しました。
 アクセス・徳島県道12号より四国みち・大山寺の道標を登っていく、ただ途中より対向出来な様な道が3~4Km続くので注意しましょう。舗装された狭いながらも比較的良い道です。
 写真は2010年11月5日撮影

 仁王門
イメージ 1

 山門(中門)
イメージ 2

イメージ 3

 本堂
イメージ 4

 大師堂
イメージ 5

 境内
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→空海で検索→《空海ゆかりの地と四国八十八ヶ所+別格二十霊場》を スクロールで選定する。

【温泉山・安楽寺】
 第6番・温泉山・安楽寺・瑠璃光院
 四国八十八ヶ所霊場 第6番・温泉山(おんせんざん)・安楽寺(あんらくじ)・瑠璃光院(るりこういん)は徳島県板野郡上板町にあるお寺で本尊を「薬師如来坐像」伝弘法大師、開基は弘法大師で真言宗高野派です。
 安楽寺領より北西2km余り山あいに安楽寺谷という所がある。元禄時代の記録によると、当時安楽寺谷周辺一帯は鉄さび色の熱湯が湧き出て、湯は諸病に特効あり、と記されている。
 参考資料:四国八十八ヶ所詳細地図帖
 写真は、2010年7月20日撮影

 鐘楼門・門の両脇に仁王堂
イメージ 1

 本堂
イメージ 2

 大師堂
イメージ 3

 多宝塔
イメージ 4

 庫裡
イメージ 5

 湯治利益遺跡源泉井戸
イメージ 6

 境内
イメージ 7

イメージ 8

ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→四国で検索→《空海ゆかりの地と四国八十八ヶ所+別格二十霊場》を スクロールで選定する。

↑このページのトップヘ