四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 香川県観音寺市

【琴弾八幡宮】
 琴弾八幡宮(ことひきはちまんぐう)は、香川県観音寺市の琴弾山に鎮座しているいる神社である。
 主祭神は、応神天皇、神功皇后、玉依姫命
 神仏習合の時代には当社が四国八十八箇所第68番札所だった。現在は新四国曼荼羅霊場23番。さぬき十五社の14番でもある。
 社伝では、大宝3年(703年)3月、琴弾山で修行していた日証上人が八幡大菩薩の乗った船が近くに漂着したのを見つけ、里人とともに船を山頂に運び祀ったのに始まると伝える。そのとき、船の中から琴の音がしていたことから「琴弾」の社名がある。同時に当社の神宮寺として、後に第69番札所観音寺となる神宮寺を建立した。
 大同二年(807)、四国を行脚中の空海が当社に参拝し、琴弾八幡の本地仏である阿弥陀如来の像を描いて本尊とし、琴弾山神恵院(じんねいん)として四国霊場第68番札所に定めたという。
 明治の神仏分離により、本地・阿弥陀如来像は観音寺境内の西金堂に移され、琴弾神社と神恵院に分離された。第二次大戦後、琴弾八幡宮と復称した。

 秋季大祭で、9台のちょうさ(太鼓台)がその勇壮さを競う。太鼓台奉納は江戸時代からの伝統があり、現代でも細かい規則に則って運営されている。

 <><>『一ッ物(ひとつもの)』神事由来
当宮御大祭に童子を神の慿代(よりしろ)として駕籠に乗せ、神輿の前に立たしめる神事があります。これを『一ッ物』云う。
一ッ物きびしい齋(ものいみ)と祓川(はらへがわ)での放生会(ほうじょうえ)により、国家の平安、郷土の発展、子孫繁栄を祈念します。放生会は土曜日午後五時に行います。 琴弾八幡宮

 <><>源平屋島合戦の由来
 源平屋島合戦は「吾妻鏡」によると寿永四年(1185)二月十九日から三日間の戦いだったとされている。ここ琴弾山がこの合戦で源氏の勝利にゆかりの地であることを知る人は少ない。
 屋島の戦いは源氏が優勢のうちに進められていた。平家水軍の総大将「能登守教経」は、起死回生の作戦として伊予大洲城主「田口左衛門教能」が伊予路の源氏勢を平定したあと一千騎を率い連れての到着を待って、屋島沖から手勢を加えて一挙に源氏勢を挟み討ちにする事を考えていた。
 この作戦は順調に進んだかに見えたが、智将「義経」は夢の中に見えた「教経」の幻影からこの作戦を見破っていた。
 屋島の源氏勢二百五十騎にとって敵一千騎の援軍では勝ち目の無い事を知った「義経」は、腹心「伊勢三郎義盛」に命じ、田口勢が屋島に到着する前に説得によって喰いとめることをはかった。
 源氏滅亡を双肩にした「義盛」は、手勢十六騎と共に、万一ときは討ち死にを覚悟で鎧の下に白装束を着こんで浜辺伝いに西にとんだ。
 義盛が田口勢と出合ったのがこの琴弾山だった。二十騎足らずの敵に気を許した大将「田口左衛門教能」は、義盛の申し入れに応じ、太刀を外して十王堂の一隅で相対した。義盛の言葉は、屋島の合戦で源氏に勝運が微笑み平家方の多くは討ち死にするか捕らわれの身となった事を。その中で教能の父「阿部民部重能」も武運を察して降参したという事だった。
 義盛の命がけの熱弁に惑わされた教能は『父捕わる』に心は大きく動揺した。『一門悉く打ち破られてはこの上戦っても無益な事、屋島の戦いに間に合わなかったのが武運のつき・・・』と田口千騎はこの地で源氏の軍門に降った。
間もなく敗れた平家の残党は屋島から海路、新三位中納言「知盛」の待つ長門彦島(下関市)に向かって落ちて行った。時に二十一日の夕暮れだったという。
 琴弾八幡宮に今も残っている「木の鳥居」は屋島戦勝の印として其の後源氏の側近が義経に代わって奉納したとも伝えられる。 観音寺市
 義経は屋島の戦いの後に平家追討を祈願して馬と鳥居を奉納し、頼朝は1千貫文の土地を寄進した。
 文は現地説明板&Wikipediaより転載しました。
 写真は2012年4月8日撮影
 場所はワイワイマップ『源平ゆかり地』にスポット投稿します。
 byビュート
 ちょうさかきくらべ広場より山頂本殿まで入り口階段
イメージ 1

 隋神門
イメージ 2

 階段(玉垣注意)
イメージ 3

 木の鳥居(義経が平家追討を祈願して奉納)
イメージ 4

 拝殿
イメージ 5

 本殿
イメージ 6

 有明富士(ありあけふじ)江甫草山・江甫山・九十九山、(つくもやま)
イメージ 7

 七宝山
イメージ 8

 琴弾八幡宮永代常夜燈
イメージ 9

イメージ 10

 拝殿前の手洗舎
イメージ 11

 神幸殿
イメージ 12

【興昌寺山古墳と四国ミニ霊場】
 興昌寺山1号古墳は香川県観音寺市八幡町にあります。  観音寺市指定史跡昭45年3月12日指定
 興昌寺の本堂脇から四国八十八ヶ所巡り1番より登って行きます。石像やお堂など横目に登ると山頂らしい見晴らしの良い所に出ます。少し下って登った所に説明板が見えてきます。古墳の中は大師堂となっており弘法大師が祀られたいます。暫く進むと不動明王が祀られているお堂に出上手に上がって行くと西国三十三霊場巡りが出来ます。下手を進むと山門に出ます。間を潜り下って行きます。

 興昌寺山1号古墳
 八幡町の興昌寺裏山の山頂部に所在する径20m前後の円墳で、全長8.73mの両袖式横穴石室を埋葬施設とする後期古墳。興昌寺山にはこの山頂近くの1号墳のほかに、2基の古墳の所在が伝えられている。戦後の寺田氏調査では円筒埴輪片が採取されているので中期古墳の所在した可能性がある。玄室は安山岩の大小を組あげたもので、長さ3.81m、幅2m、高さ1.5m強の長方形プランで、側壁は数段から10m段、奥壁は数段の石材によって築かれ、天井石は4段程架講したもので現在3枚の安山岩平板が残っている。玄室部天井石は残存しないが、左右に立柱状の袖石を立て、床面には仕切石を配し玄室を区画する。羨道部は相当破壊されているが、玄室程より狭く、その長さは玄室長より長い。現存部分で、羨道長4.27mを測る。1号墳の出土遺物の組み合わせは不明だが、須恵器の高坏と坏(つき)の出土が伝えられる。 石室床面プラン、同側面観、石材の使用法などから6世紀後半から7世紀初頭に築造年代想定される。この石室の構築法や石材の選択は、母神山古墳群など、財田川、柞田川流域の横穴式石室墳とは、若干異なるという印象を持つが、県内ではむしろ一般的な横穴式石室で、整った形態の中規模石室と言える。この古墳の被葬者の勢力基盤は、室本町の池の宮古墳、高瀬古墳と共に、海上交通や漁業生産者にあったのではないかと考えられる。
 文は香川県立図書館蔵観音寺市史より転載しました。

 写真は2011年12月13日撮影
 場所は、ワイワイマップにスポット投稿します。

 古墳へもここから登ります。
イメージ 1

 19番
イメージ 2

 伊吹も見える展望台
イメージ 3

 23番と24番に在る大師堂(興昌寺山1号墳)
イメージ 4

 左側壁
イメージ 5

 右側壁
イメージ 6

 天井
イメージ 7

 羨道部
イメージ 8

 お堂
イメージ 9

 不動明王堂
イメージ 10

 山門
イメージ 11

 お堂
イメージ 12

 88番
イメージ 13


ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「古墳」検索→《古墳・経塚のMAP》を スクロールで選定する。

【母神鑵子(かんす)塚古墳】
 母神山(はがみやま)古墳群は香川県観音寺市池之尻町の観音寺市総合運動公園内に一部の古墳が残っています。
 <><>母神山(はがみやま)古墳群
 三豊平野のほぼ中心部にある母神山には、全長44mの前方後円墳のひさご塚古墳と直径48mの円墳の鑵子(かんす)塚古墳(テニス場西側)を中心に、古墳時代後期(6~7世紀)に造られた小円墳が60基ほど群集しています。
 現在は、三豊総合運動公園になっています。トリムコースに3基、駐車場わきに1基、竹林の中に1基残っています
 <><>母神鑵子(かんす)塚古墳
 母神山(はがみやま)古墳群の盟主的大円墳で、墳丘は2段に築かれており、幅10mの周濠が掘られていた。
 和泉砂岩を用いた複室をもつ両袖型横穴式石室の古墳である。 6世紀後半頃に築造されたものと思われ、被葬者は、三豊地方一帯を支配した豪族の古墳である。昭和48年の調査により「金銅製単鳳環頭太刀の柄頭、金銅製馬鈴、トンボ玉、須恵器」などが出土している。
 墓域直径48m 高さ6.5m 石室全長9.82m 最大幅2.55m 高さ3.20m 観音寺市教育委員会・観音寺市文化財保護協会の、現地説明板より転載しました。
 運動公園管理事務所・観音寺教育委員会の好意によって撮影させて戴きました。
 <><>和泉砂岩
 中生代白亜紀後期に、四国北部(香川県三豊地方含む)より淡路島・和泉山脈を連ねる地方に堆積(たいせき)した地層中にみられる岩石。砂岩が大部分で、頁岩(けつがん)・礫岩(れきがん)なども含む。砂岩は和泉石として石材にする。

 写真は、2011年5月17日撮影
 場所はワイワイマップにスポット投稿します。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「古墳」検索→《古墳・経塚のMAP》を スクロールで選定する。

【母神山古墳群】
 母神山(はがみやま)古墳群は香川県観音寺市池之尻町の観音寺市総合運動公園内に一部の古墳が残っています。

 <><>母神山(はがみやま)古墳群
 三豊平野のほぼ中心部にある母神山には、全長44mの前方後円墳のひさご塚古墳と直径48mの円墳の鑵子(かんす)塚古墳を中心に、古墳時代後期(6~7世紀)に造られた小円墳が60基ほど群集しています。
 現在は、三豊総合運動公園になっています。トリムコースに3基、駐車場わきに1基、竹林の中に1基残っています。
 文は、現地説明板より転載しました。
 写真は、2011年5月17日撮影

 <><>上母神8号古墳
 一つの墳丘に二つの横穴式石室を有する古墳です。第1石室は西、第2石室は北東方向に開口する石室の配置形態です。
 この場所から約30m南東にあったものを移築保存しています。観音寺教育委員会
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 <><>黒島林14号古墳、上母神1号古墳、上母神2号古墳はトリムコース脇にあります。全て埋め戻されていますので、見るのは形態だけです。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 <><>ひさご塚古墳
 母神山(はがみやま)古墳群のなかで、現存するただ一つの前方後円墳である。6世紀後半代の大形円墳の鑵子(かんす)塚古墳(後日投稿します。)と共に、この地区の盟主的な古墳であり、学術的にも重要である。墳丘東側から前方部北側にかけて幅3~5mの周溝が認められる。最近の調査により後円南部にも周溝が確認されており、おそらく墳丘全体を取り巻く周溝が造られていたものと思われる、周溝内から須恵器、円筒埴輪片等が出土しており、6世紀前半に築造されたものと考えられる。瓢箪塚、車塚ともいう。未調査の為埋葬施設は不明である。
 古墳全長 約44m(前方部約18m 後円部直径26m)
 古墳の高さ 前方部約5.1m 後円部約5.7m
 墳頂部 標高49.98m
 昭和62年3月調査による 観音寺市教育委員会

イメージ 8

イメージ 9

 ミニ四国八十八ヶ所?
イメージ 10


ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「古墳」検索→《古墳・経塚のMAP》を スクロールで選定する。

【樟の霊木に宿る「生木地蔵さん」】
 生木地蔵と大樟=観音寺指定文化財(天然記念物)
 大樟は、樹齢約1200年と推定されている。胸高周囲7m、樹高30mで樹姿樹勢ともよく、風格を備え、県下でも大きい方である。
 又樹体内に空洞を作り樹体に地蔵尊を彫っています。この地蔵像は、約120年前、大野原町中姫在住の「森安利左衛門」の作によるもので、一般に「生木(いきき)のお地蔵さん」と崇められています。
 所在地 観音寺市大野原町中姫2288番地 所有者 生木墓地 昭和51年6月10日指定 観音寺市教育委員会
 以上の文は現地案内板より転載しました。
 
 生木の地蔵クス 香川の保存木69 昭和55年3月11日指定
 このクスノキには、地上約70cmの高さから髄に向かってノミを入れ、心材の部分に高さ1.5mの地蔵尊の立像を彫刻している。枝の広がりは見事であり、下部の支幹は途中から地表に向かって大きく湾曲して、中には先端が地上1m位まで垂れ下がったものもある。
 樹高18.0m 胸高幹周8.6m 枝張り東西:27.9m南北:27.7m (2001年データー)
 以上の文は香川県の環境ホームページより転載しました。

 <><>樟の霊木に宿る「生木(いきき)地蔵さん」縁起<><>
 天保7年(1837)の秋もようやく深まろうとするころ、豊田郡大野原村と中姫村の村境にある樟の大木に向かって、一心にノミを振るう一人の老人の姿がありました。
 斎戒沐浴して身も心も清め、手もとを照らすローソクの灯りをたよりに、一刀三拝、幹の奥ふかく刻まれてゆくのは、身の丈五尺ほどの地蔵菩薩のお姿でした。
 木屑から漂う樟木の香りのなかで、老人の唱える般若心経が、朝早くから夜の更けるまで彫られた空洞の中に響いていました。
 この人は中姫村に住む「森安利左衛門」と云い、この年病弱であった一人娘「ナヲ」さんの病気平癒を祈願し四国霊場八十八ヵ所を巡拝して帰って来たばかりでした。
 利左衛門さんは四国遍路の途中、伊予の丹原で大木に彫られた仏像に心うたれて、自分もこの霊木に地蔵菩薩を刻もうと発心したのだと云われています。
 伊予の仏像とは、番外別格霊場十一番正善寺の生木地蔵のことでしょう。
 利左衛門さんの精進は続きました。やがてこの年も暮れ、翌天保八年の正月も過ぎた頃、彫り始めてから三ヵ月余りでこの霊木の幹の中に端正な地蔵菩薩の立像が完成しました。耳の大きい、目元が涼しげな美男におわすお地蔵さんでした。
 二月の吉日を選んで、開眼供養が行われました。喜んだ里人も多数参列し、白衣観音経二千巻、光明真言三十一万遍が読経されたと伝えられています。
 このとき、どこからともなくみすぼらしい一人の旅の坊さんが現れ、供養の様子をじっと眺めていましたが、「そんなことでは魂は入らな。私がお性根を入れてあげよう」と言うや否や、人々が驚くのも構わず大音声で経文を唱え錫杖を力一杯振り鳴らしました。すると不思議や、お地蔵さんが大きく目を見開いて、パチパチとまたたき(まばたき)をした云われています。「ありがたいことじゃ」と人々が手を合わせ深く頭を下げたあと、ふと気が付くと、先ほどの坊さんはかき消したようにその姿はどこにも見当たらりませんでした。
 それ以後、誰云うとなくこのお地蔵さんのことを「またたき地蔵」と呼ぶようになったのだ云う話が残されています。
 後にお地蔵さんを包み込むように樟の木にくっつけてお堂が建てられました。お堂の中で見ると、ちょうど、仏壇の奥の仏様と同じように、お堂の奥にお地蔵さんが拝めるようになっています。
 お地蔵さんの霊験はあらたかでした。利左衛門さんは。慶応二年八十六歳で、病弱だったナヲさんは大正八年十一月、なんと百歳までの長寿を全うしました。二人のお墓は地蔵堂横の墓地にあります。
 生きた木に彫った地蔵さんー「生き木の地蔵さん」として近隣の人々に親しまれ、県内はもとより県外からの参拝も多く、霊験話は枚挙にいとまがありません。
 「御丈五尺に金襴の法衣」といわれるお地蔵さんは、生木であるために少しずつ身長が伸びており、現在までに10㎝ほども御丈が高くなっております。
 この樟の木は空海(弘法大師)のお手植えという説もあり付近は古くから墓地なので、「地中から霊魂を吸っており、切れば血の出る霊木」として崇められております。
 以上の文はお堂の中に置かれていたコピー文章より転載しました。
 写真は、2010年3月12日・2011年5月7日撮影
 場所はワイワイマップにスポット投稿します。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「香川の保存木」検索→《歴史的縁の地、文化財、資料館などのMAP》を スクロールで選定する。

↑このページのトップヘ