四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 徳島県阿波市

名 称:阿波の土柱(波濤ヶ嶽)
住 所:徳島県阿波市阿波町北山
場 所:マピオンマップ↓↓↓↓
マップコード↓↓↓↓
160 310 665*21
景観指定:国の天然記念物
指定日:昭和九年(1934)五月一日
解 説
 この地は、約100万年前から70万年かけて阿讃山脈から流れ出た土砂が何層にも堆積してできた砂礫層が、断層の活動により隆起した場所。土柱はその砂礫層が浸食してできたものである。
 雨水が、露出した砂礫層の斜面の窪みを流れて溝をつくり、雨ごとに岩石や土砂が流され溝を深めてゆく。
 土柱は、硬い岩石や礫層のある抵抗力の強い部分が浸食を免れて、土の塔やカーテン状の柱を多数形成した特異な景観であり、今もなお、自然の影響を受けその姿を変え続けている。
 この地の土柱は、波濤ヶ嶽で、昭和九年(1934)五月一日に国の天然記念物に指定されている。この他にも、燈籠嶽・不老嶽・莚嶽・橘嶽が周辺に散在している。
 遊歩道完備、途中・山頂にも便所完備している。写真は、正面及び下から上から撮りました。
その他の指定:土柱高越県立自然公園
資料等:現地説明板、
駐車場:無料
撮影日:2019年1月24日
周辺施設:高越山、 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

天然記念物 土柱
イメージ 1
2019年1月24日撮影

myブログまとめサイト『WEBーさぬき路』URLが変更になりました。
宜しくお願いします

ダム名:相坂(あいさか)ダム
ダム湖名:御所池
河川名:吉野川水系内谷川
所在地:徳島県阿波市土成町土成町宮川内字相板
堰堤長:90m
堰堤高:16m
総貯水容量:245千立方m
目 的:A(灌漑)
形 式:重力式コンクリート
ダム事業者:御所土地改良区
発 電:なし
着手/竣工:/1939
四国堰堤ダム88箇所:堰堤札所第2番
アクセス:宮河内ダムから国道318号線を香川方面へ「手打たらいうどん平谷家」看板の所を入ります。(左折) 平谷家に入らず直進、暫く行くと左下に下りる地道があります。そこを下りていく。広くなっている所があります。回転可能です。
周辺施設:宮川内ダム・道の駅『どなり』・たらえうどん店多数・御所神社(土御門上皇の崩御の地と伝えられています。)
資 料:ダム便覧などから参照しました。
場 所:スポットノート『堰堤・ダム・池map 』にスポット投稿します。
撮影日:2013年6月25日
 
堰堤
イメージ 1
 
洪水吐からの落水
イメージ 2
 
上流域
イメージ 3

【宮川内ダム】
ダム名:宮川内(みやごうち)ダム
ダム湖名:
川 名:吉野川水系宮川内谷川
住 所:徳島県阿波市土成町土成町宮川
堰堤長:130m
堰堤高:36m
湛水面積:13ha
目 的:FNA(洪水・利水・灌漑)
形 式:重力式コンクリート
ダム事業者:徳島県
発電:なし
着手/竣工:昭和34年(1959)/昭和39年(1964)
四国堰堤ダム88箇所第1番堰堤札所
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.147537283883835,134.35481337822836,19

ダムカード:Ver.1.0(2013.03)
カード配布場所:宮川内ダム管理事務所
周辺施設:道の駅「どなり」・たらいうどん
資 料:現地説明板&ダム便覧&Wikipedia&電力会社HPなどから参照しました。
撮影日:2012年8月14日
追 記:2017年7月29日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

【秋月城と秋月歴史公園】
 秋月城(あきづきじょう)は、徳島県阿波市土成町秋月に室町時代の阿波国阿波郡秋月庄にあった城。
 建武三年(1336)の新政により小笠原氏(後の三好氏)に代って阿波国守護となって入国した細川和氏・頼春兄弟が、当地の土豪の秋月氏の受け入りにより築いた守護居館をもとに築城され四国統一の拠点となった。
 管領となった頼之の弟で阿波細川家の祖となった詮春の代に守護居城は勝瑞城に移った。

 この地は古代秋月郷と呼ばれ、土豪秋月氏がここに居館を構えた。文永年間守護小笠原氏から世継ぎを迎えたと伝えられている。
 細川阿波守和氏らは秋月氏に迎えられ、秋月に居館を構え四国全域に号令、四国管領として大きな勢力を誇っていた。
 秋月城は南北朝から室町時代にかけて、細川氏の拠点として枢要の地歩をしめていた。
 その後、細川詮春が勝瑞城に移った後、秋月中司大輔(森飛騨守)が守ったと伝えられている。
 天正七年(1579)、土佐の長宗我部軍の兵火にあって落城したといわれている。
 この城跡の周辺には、秋月城の名残りとして御原の泉・的場の跡・竈跡等が残っている。
 『秋月城跡案内板』よ転載しました

 城郭:平城
 築城主:細川和氏
 築城年:室町時代初期
 主な改修者:戸川達安
 主な城主:細川和氏・頼春・頼之・詮春など
 廃城:天正7年(1579)
 徳島県阿波市指定史跡
 
 文は現地説明板&Wikipedia&パンフレットなどより参照。
 写真は2012年5月22日撮影
 場所はワイワイマップ『城・城址のMAP』にスポット投稿します。

 秋月城石碑
イメージ 1

的場跡=お墓がある辺り(土塁でしょうか)
イメージ 2

 秋月歴史公園
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 模擬建造物の物見櫓
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 秋月城下守之址
イメージ 11


↑このページのトップヘ