四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 香川県高松市

小比賀家住宅長屋門(外観)

700-10

700-10

700-20

700-25

700-30

700-40

午門=文化財(建造物)指定 建築年代:江戸後期/1701-1800頃
 長屋門、桁行35.4m、梁間5.9m、寄棟造、茅葺、東面及び北面庇付、本瓦葺1棟 1971年06月22日指定
【午門は主屋の正面にして建つ、国内最大級の長屋門である。かつて敷地の東側にももう一つの長屋門があり二つのを呼び分けるために敷地の南側(午の方角)に位置していた門を「午門」と名付けたという。門口の中央に大扉を開き、東側に潜り戸をつける。内部の構成は東端より飼料場、四区画の牛房、三区画の馬房と並び、門口を挟んで西側には納屋が二室並ぶ。】

住 所:香川県高松市御厩町331

電 話:
小比賀家住宅残存建物
主屋=文化財(建造物)指定 建築年代:江戸前期/1601-1700
 桁行26.6m、梁間9.8m、寄棟造、茅葺、四面庇付、本瓦葺、南面玄関付属1棟 1971年06月22日指定
土蔵=文化財(建造物)指定 建築年代:江戸前期/1601-1700
 桁行26.6m、梁間9.8m、寄棟造、茅葺、四面庇付、本瓦葺、南面玄関付属1棟 1971年06月22日指定
米蔵=文化財(建造物)指定 建築年代:江戸末期/1801-1900頃
  土蔵造、桁行10.1m、梁間6.1m、二階建、切妻造、本瓦葺、西面庇付1棟 1971年06月22日指定
改築等
 明治時代には正面側の軒をせがい造(深い軒先をもつ構造)とし、小屋組を改造して屋根を高くするなど、はぼ現在の外観となった。
 昭和四十六年に主屋、土蔵、米蔵、土塀とともに家格にふさわしい屋根構えを形成する建て物となった。
 昭和五十一年から同五十二年に屋根葺き替え部分修理を行い、牛房、馬房など江戸時代の姿に復原し、平成二十五年から同二十七年には半解体修理にあわせて構造補強工事をおこなった。

公開状況:内部有料(公開中止中)500円
開館時間=第3日曜日10:00~16:00
沿革等:当小比賀家は甲斐源氏武田氏の末裔と伝えられています。
 武田氏の没落後四国に渡り、戦国時代の末期を讃岐室山城(栗林公園の裏山にあった)の城主として過ごしていました。この御厩の地へは慶長年間(十七世紀の始)になってから移り住んだもので、後、江戸時代には代々庄屋や大庄屋を勤めていました。
 建てられてから四百年ほど経過していますので最初からの建物は、だんだん数が少なくなってしまいましたが、それでも主屋をはじめ午門部屋、土蔵、米蔵など非常に古い建物が現存し当時の偉容を十分に忍ばせてくらます。
 この小比賀家住宅は江戸時代の初期の代表的な民家として国の重要文化財に指定されています。
資料等:現地説明版、国文化庁国指定文化財等データベースなど
H P:
撮影日:2022年5月1日

鬼ヶ塚
700-10


700-20

700-30

700-40

場 所:香川県高松市鬼無町鬼無228

伝 説:鬼ヶ島の戦いで桃太郎に負けた鬼たちはこの地のセリ塚でもう一度戦いをしてまた負けてしまいました。その鬼たちを葬り供養したのが、この鬼ヶ塚です。平和になったこの地の事を鬼無の里と呼ばれるようになりました。
駐車場:有
資料等:現地石碑
撮影日:2020年10月9日
関連BLOG:桃太郎神社

お堂名:摺鉢谷滝不動堂
700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

700-80

700-90

700-100

700-110

700-120

700-130

開 基:
創 建:
宗 派:
札 所:
住 所:香川県高松市西宝町2丁目

電 話:087-831-2845
由 緒
 当山摺鉢谷滝不動堂は、江戸時代に高松藩主松平頼重公が修業の場として山館を建てたのが始まりである。現在は行泉寺(高松市番町5丁目9-24)の境外仏堂で、不動堂は平成10年9月に新築されている。

資料等:現地石碑など
駐車場:無
撮影日:2021年12月7日

建築名:四国村ミウゼアム エントランス「おやねさん」
設 計:川添善行
700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

木のステンドグラス
 2021年3月11日、東北地方を中心に日本中を震撼させた大地震が起こりました。この壁面のパネル、ベンチそして正面の神棚は、その時津波で流された宮城県南三陸町の遠藤重幸さん宅(推定江戸時代中期建築)の梁・床・柱などを生かしたものです。遠藤家の古材は、故郷南三陸町の「震災伝承館」でもベンチなどに生かされています。そしてこの「遠藤家古材で震災を語り継ぐネットワーク」をさらに全国に拡げて行きたいとと思っています。後略。
700-80

700-90

700-100

700-110

700-120

製作年:2022
素 材:木材・鉄骨など
住 所:香川県高松市屋島中町91

電 話:087-843-3111
解説等:四国村ミウゼアムチケット販売所・お土産売り場・ギャラリー(休憩所)・便所などが併設されている。
 瀬戸内国際芸術祭2022年参加作品 作品番号:tk20
私見等:緑が無くなった?。隠れていたアート作品も無い?。似合って来るのは何年かかるのか?。

~略 歴~
1979 神奈川県川崎市生まれ
0000 東京大学工学部建築学科卒業。
0000 オランダのデルフト工科大学に留学し帰国後、内藤廣に師事した。
2008 土木学会景観デザイン研究発表会優秀講演賞
2009 グッドデザイン賞
2013 グッドデザイン 未来づくりデザイン賞
2015 日本建築学会作品選集新人賞
2016 ロヘリオ・サルモナ・南米建築賞 名誉賞
2019 第45回 東京建築賞 最優秀賞(一般二類部門)
2019 照明学会 照明デザイン賞入賞
2022 BELCA賞
現在 東京大学生産技術研究所川添研究室を主宰している。工学博士。

~パブリックコレクション~
    
設置機関:公益財団法人 四国民家博物館
資料等:現地キャプソン、Wikipediaなど 
関連BLOG:四国村
駐車場:無料
撮影日:2022年4月22日

マンモスプレイパークTARUMI
(高松市亀水中央公園)

700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70
700-80

700-90

700-100

700-110

700-120
住 所:香川県高松市亀水町
公園分類:総合公園
面 積:2.51ha
入園料:無料
休 日:無
電 話:087-881-0182
指定管理者:香川県造園事業協同組合
開 園:令和4年(2022)3月31日
H P:
資 料:高松市HP、高松市報など、
解説等:衛生処理センター跡地に公園として整備された。マイスポーツセンターTARUMIと合わせて「イーストウエルネスパークTARUMI」と称します。(令和4年4月1日から令和6年3月31日まで)
駐車場:無料(一番奥)
撮影日:2022年4月28日

↑このページのトップヘ