四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 石碑・石塔など

椋園先生遺愛之碑
【天保11年(1840)~大正4年(1915)5月29日】
業 績:高松市初代市長 香川県史編纂
出身地:香川県高松市
住 所:香川県高松市番町1丁目11
場 所:高松中央公園南東角

解 説
 椋園先生は、本名を赤松 渡と言った。赤松家は、代々医術をもって高松藩に仕えていた。先生は幼い時から勉強を好み、片山冲堂先生に学んだ。武術も習得したが、槍術が得意であった。家業をついで御殿医に進んだ。明治の初め藩知事のもとで判事を兼務した。松平家十一代頼聰公は先生に文武の才能があるのを知り、御殿医の兼任を解き、専ら政治に当たらせることにした。少参事に選任され、大変感激して精励した。
 先生は香川県、徳島県の会計検査院に奉職、その後、明治二十三年五月五日、初代高松市長に任命された。常に、市民の暮らしを心配し、産業の振興、福祉の充実に努めた。功績は大きく、特に顕著な業績は、高松から脇町までの立派な道路(現在国道百九十三号)を作ったことである。高松港を修築しようとして計画書を完成させたが、市長の任期が満了し、退任した。五十七歳であった。
 先生は各地に出かけて、すぐれた文人と交わり、見聞を広めた。その名声は諸国に広がり、教えを請うものが後を断たず、そのため、養浩塾を開き、優れた人材を輩出した。先生は、世俗の名誉や利益にまったく無関心で、門弟たちの教育に打ち込むこと十年余りに及んだが、病気になり、不帰の人となった。享年七十五歳。
 府中村(香川県坂出市府中町)の信義に厚い門弟たちが相談して、鼓岡顕彰会を作った。旧友、門人は先生を慕い、先生の遺徳を後世に伝えるため、大正六年五月、植田倬にこの文章を書かせ、入谷暘の書による碑を先生のお墓の側に建てることになった。
(注記)
 初代高松市長赤松椋園先生の墓は、三番丁の大本寺境内(現在の四番丁小学校西北端)にあった。復興土地区画整理事業の為、姥ヶ池墓地に移され、この碑もその傍にあったが、昭和六十一年四月、中央公園完成を記念して、此処へ移設した。
 
資 料:現地説明板、
撮影日:2015年2月9日
近隣施設:高松市高松中央公園


561

562
 

御坊川の井堰跡碑
住 所:香川県高松市松島町2丁目
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.336749854565525,134.06618623059396,19
解 説
 この地周辺の田畑は、給水を受ける池もなく、雨水や井戸・堀の溜水に頼っていた。
 明治三十年、三十一年の旱魃により、農作物はほとんど生産できず、農家の生活は苦境におちいった。
 元来、御坊川下流は潮が満ちてくると、塩分を含み田畑への利用は出来なかった。
 川を堰することで潮を防ぎ、川水を取り入れるために、農民の手で明治三十二年ここに井堰を築造した。
 以来二十ヘクタールの田畑は潤い、稲作もできるようになった。
 昭和三十年頃から、都市化により次第に井堰の役目もうさらぎ、百年近く松島の農耕を支え続けてきた井堰も、平成三年に撤去されるに至った。
 【御坊川は詰田川水系。下流には。千代橋が架かっている・袂には船番所が今も残っている】
資 料:現地説明板、
撮影日:2019年11月18日
近隣施設:千代橋千代橋の歌碑

561

562


563


564


565


566


567


567-2


567-3


567-4


569



千當丸就航記念碑
住 所:香川県坂出市与島町
場 所:与島穴部バス停近く
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.38720991814617,133.8189455680536,19
マップコード:
391 788 077*73
解 説
 千當丸由来記
 香川県仲多度郡與島村(現坂出市)五島は離島の為極めて海上の便が悪く病人発生の場合等は特別仕立ての舟で地方の医者に診察を受けた。
 與島村の森安藤太郎は島民の利便と発展に定期に便船を運航する事が是非必要と考え大正十三年、下津井港(倉敷市)を起点として櫃石島・岩黒島・與島・瀬居島・坂出の旅客定期便航路事業の免許を得て初めて運航を開設した。運行事業は強風、濃霧外幾多の困難を乗り越えて懸命に努力した。
 昭和二十八年四月千當丸の運航實跡により與島村は坂出市に合併され坂出市与島町となり運航回数も四往復に増便し、各島に勤務する教職員吏員及び学生の通学も一段と便利になり、各島の郵便集配、日常家庭必需物資の輸送、島民の家内工業の斡旋等島の発展の為極めて大きな貢献をした船である。
  平成二十一年春分 船主
アクセス:与島第2駐車場与島より徒歩移動。バス移動。島民以外は車の乗り入れは不可。 
資 料:現地説明板など、
撮影日:2015年9月2日
近隣施設:鍋島燈台与島パーキングエリア坂出市

562

563

564

561

565

566

567

568

鳥居 瀧蔵記念碑
鳥居 瀧蔵
【明治三年五月四日(1870)~昭和二十八年一月十四日(1953)】
業 績:考古学、人類、民俗学者
出身地:徳島県徳島市
住 所:徳島県徳島市城内
場 所:徳島中央公園
マピオンマップ↓↓↓↓
マップコード↓↓↓↓
56 262 421*32
碑 文:
 鳥居瀧蔵博士は、明治三年徳島市東船場の煙草問屋に生まれ、小学校中退後、独学自立を志し、苦学勉励の末、東京帝国大学人類学教室の助手、講師、助教授に進む。この間、台湾、シベリア、中国、朝鮮半島、樺太、千島列島の調査研究を行う。明治三十九年、モンゴル王の招きを受け、夫人と共に幼児を抱いて内外モンゴルを踏査する。大正十年、東京帝国大学より文学博士の学位を授与される。同十二年帝国大学を辞して鳥居人類学研究所を設立。大正の末、上智大学文学部長、国学院大学教授に迎えられ、昭和十一年には外務省文化使節として南米インカの調査を行う。昭和十四年から十二年間、北京燕京大学教授に招かれ、研究に没頭する。帰国後、昭和二十八年一月十四日、八十二歳で逝く。英独中蒙語に通じ、著書百余冊という偉大な功績を学会に残された世界的学者。死後、名誉市民を追贈される。(碑銘より)
 なお、城山貝塚は、大正十一年、鳥居瀧蔵博士が発掘調査したもので、本県考古学の基礎を築いた記念碑的遺跡です。
【徳島市教育委員会】
資 料:現地説明板、
撮影日:2018年12月14日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

三谿駅
住 所:香川県高松市三谷町
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.27789532259796,134.06957117837032,19
解 説:
 南海道 讃岐(香川県)には引田(東かがわ市馬宿)・松本(さぬき市田面)・三谿(高松市三谷)・河内(坂出市府中)・甕井(多度津町三井)・ 柞田(観音寺市柞田)の六駅があったとされる。
 古代三谷は、延喜式二十八兵部省、諸国駅伝の条に記載された官道、五畿七道に通ずる南海道の駅馬の所在地であった。
 畿内から紀伊~淡路~阿波~讃岐~伊豫~土佐へと、官吏往来の公道であり、三谷は都から十番目、讃岐国府河内駅の手前で、中央からの役人の歓送迎の行われたところであった。馬は四頭常備してあり、宿舎、倉庫、馬小屋、世襲の駅長の住宅等駅舎は瓦葺であった。
 一般庶民は駅馬を利用することは出来なかったが、古代平安時代の終わりまで都と地方を結ぶ重要な交通ルートであり文化伝播の経路であった。【高松市三谷町歴史研究会 石碑より】
資 料:Wikipediaなど、
撮影日:2017年8月30日
近隣施設:三谷三郎池公渕森林公園

イメージ 1

イメージ 2

↑このページのトップヘ