四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 四国のミュージアム

別子銅山記念館
700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60


住 所:愛媛県新居浜市角野新田町3−13
場 所:大山積神社

電 話:0897−41−2200
運 営:
開 所:1975年6月13日
開館時間:9:00~16:00
休館日:毎週月曜日・国民の祝日(祝日が日曜日と重なる場合は開館)、年末年始(12月29日~1月3日)と10月17日
入館料:無料
入館時に住所氏名を記帳のこと、館内撮影禁止
解説等:
 内部写真は撮影禁止なので、住友グループ広報委員会HP参照
撮影日:2022年3月9日
資料等:Wikipediなど。

讃岐民芸館・讃岐の瓦館
700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

700-80

700-90

これは、静御前のお墓の庵に使用されてもので、屋根の葺き替えのため不用になりました。
お墓は、三木町に在ります。
700-100

700-110

700-120

700-130

700-140

700-150

700-160
住 所:香川県高松市栗林町
場 所:栗林公園

電 話:087-832-3379
運 営:
開 所:1970年3月開館
時 間:8:30~17:00
休館日:月曜日
入館料:無料(別途入園料必要)
解説等:
 鬼瓦・装飾瓦などを展示している。
 香川県は飛鳥時代より瓦生産専門の窯跡があり、奈良の藤原宮など寺院に供給していた。窯跡は多数残っているが、特に三豊市三野町の宗吉瓦窯跡は大規模な登り窯が復元されている。
撮影日:2022年4月4日
資料等:さぬき歴史文化探訪ナビ様、Wikipediなど。

高松市塩江美術館
700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

700-80

700-90

700-100

住 所:香川県高松市塩江町安原上602

電 話:087-893-1800
運 営:
開 所:平成6年(1994)
開館時間:9時から17時(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日(祝休日の場合は開館、翌日休館)年末年始(12月29日から1月3日)
入場料:
解説等:野外彫刻はフリー。熊野俊一常設展は有料。
H P:https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/shionoe/
撮影日:2021年10月19日
700-150

700-160

 熊野俊一先生は明治四十一年(1908)香川県香川郡安原上東村小田(現高松市塩江町安原)に生まれる。
 幼児期から頭脳明晰で将来を嘱望され、長じて香川県師範学校に学び、谷口国介画伯の薫陶を受け絵画に卓越した能力を発揮する。卒業後多肥尋常高等小学校訓導になるが一念発起、昭和七年上京正宗得三郎画伯に師事画道に専念する。
 九年九月二科会に「三人像」が入選。以後九回連続入選。十七年の二十八回展で会友になる。二十八年二紀会に転じ同人となり三十一年委員になる。三十八年渡欧し翌年三越本店で渡欧作品展を開催好評を博す。五十二年(1977)二紀会を退会し無所属となる。三十八年以降六十三年まで十三回渡欧その帰国個展は各地で絶賛を浴びる。平成六年(1994)塩江町に油彩百八十二点、デッサン二百三十二点を寄贈。新設の塩江美術館に収蔵される。故郷を思い故郷の発展を願う先生の厚志に町民は大いに感動。特に若者に生きる希望と勇気を与えた。その業績は誠に偉大でありここにその名を刻み事績を後葉に伝える。

吉田ふれあい 国安の郷Ⅱ

住 所:愛媛県宇和島市吉田町鶴間1503番

電 話:0895-52-4884
運 営:
開 所:
開館時間:午前9時~午後5時(入場受付 16時30分まで)
休館日:12月31日・1月1日
入場料:有料 中学生以上200円 65歳以上160円 中学生以下、障碍者手帳提示で無料
解説等:伊予吉田藩は石高3万石。宇和島市吉田町に風格ある武家屋敷や豪壮な商家が立ち並ぶ陣屋町を築いていました。吉田町内に残っていた当時の代表的な建物を復元し、過ぎし日の吉田の家並みを楽しみながら、当時の暮らしを学ぶことが出来ます。
 主な展示家屋 米蔵(展示場)・納屋(駄屋)・農家・漁家・商家(法花津屋)・火の見櫓・武家屋敷
H P:宇和島市、 
撮影日:2020年10月20日
前回ブログ・2020年11月5日


700-10


700-40


700-130


700-140


700-150


700-160


700-170


700-180


700-190


700-200


700-210


700-220


700-230


700-240


700-250

吉田ふれあい 国安の郷

住 所:愛媛県宇和島市吉田町鶴間1503番

電 話:0895-52-4884
運 営:
開 所:
開館時間:午前9時~午後5時(入場受付 16時30分まで)
休館日:12月31日・1月1日
入場料:有料 中学生以上200円 65歳以上160円 中学生以下、障碍者手帳提示で無料
解説等:伊予吉田藩は石高3万石。宇和島市吉田町に風格ある武家屋敷や豪壮な商家が立ち並ぶ陣屋町を築いていました。吉田町内に残っていた当時の代表的な建物を復元し、過ぎし日の吉田の家並みを楽しみながら、当時の暮らしを学ぶことが出来ます。
 主な展示家屋 米蔵(展示場)・納屋(駄屋)・農家・漁家・商家(法花津屋)・火の見櫓・武家屋敷
H P:宇和島市、 
撮影日:2020年10月20日
近隣施設:


700-10


700-11


700-20


700-30


700-40


700-50


700-60


700-70


700-80


700-90


700-100


700-110


700-120

↑このページのトップヘ