四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 四国の古建築物

旧永井家住宅
現在施設名:旧永井家庄屋屋敷
管理者:つるぎ町
住 所:徳島県美馬郡つるぎ町貞光西浦37
場 所:つるぎ町まちなみ交流館奥
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.035308359837465,134.06211195510096,19(駐車場)
マップコード↓↓↓↓
228 112 773*54
電 話:
文化財指定:貞光町有形文化財=平成6年2月18日指定
建築年代:江戸時代の1791年
改築等:平成8年・9年度に修復工事実施
用途区分:資料館
残存建物:母屋・藍の寝床棟・蔵
公開状況:無料公開
休館日:第3水曜日休業・年末年始、
開館時間:9:00~17:00
沿革等
 約550坪の敷地を築地塀が囲み、南面の切妻本瓦葺きの表門、木造瓦葺平屋建の母屋、木造瓦葺二階建の寝床、蔵、井戸、庭園などが落ち着いたたたずまいを見せています。
 江戸時代は代々庄屋職を務め明治以降は、医者として生業を立てていたようである。
 井戸には「文政6年(1823)10月」の刻み文字がみられ、そのころに造られたもの。
資料等:現地説明板、つるぎ町HPなど
H P:
撮影日:2018年11月22日
駐車場:無料(まちなみ交流館)

561

562

563

564

565

566

567

568

568-2

569

5610

5611

5612

5613

5614

5615

5616

5617

5618

5619

5620

5621



現在施設名:岡御殿
住 所:高知県安芸郡田野町2147-1
所在地 マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/33.42659948120502,134.0093502215763,19
マップコード↓↓↓↓
421 601 703*84
電 話:0887-38-3385
文化財指定:高知県有形重要文化財=昭和60年4月2日
建築年代:天保15年
改築等:平成9年修復
用途区分:
残存建物:主屋など
公開状況:有料公開(200円確か?)管理人さんより説明もしてもらえます。
休館日:火曜日(休日の場合は翌日)12月29日~1月2日
開館時間:9:00~16:30
沿革等:
 岡家は米屋と号し、豪商田野五人衆の随一で、祖先岡氏は泉州から山内候に従って田野に来たと伝えられています。
 藩主の為だけに宿泊所として建てられた。伊能忠敬も滞在したようです。
資料等:下記HP、聞き取りなど。
H P:田野町HP
撮影日:2019年4月5日
近隣施設:旧岡家住宅(西の岡邸)
駐車場:無料(田野町ふれあいセンター)
豪商 岡家
むかしの田野は村方と浦方からなっていて、とても商業の盛んな場所でした。
江戸時代の後半、田野浦隋一の豪商が岡家でした。岡家の屋号は、印「一入(ひといり)」です。この「一入」という字は、紙に書いて裏返してみると「一人(ひとり)」と見え、田野浦で飛びぬけた一人ということを意味するとも言われています。
ところで、岡家の先祖は、山内候(土佐藩主)に従って泉州(大阪府)からこの地に来たと伝えられています。そして、この地で初代岡徳左衛門という人が商いを始めました。その後の代々の当主も商いに励み、豪商と呼ばれる程の富を築き上げました。

561

562

563

564

565

566

567

568

569

569

5610

5611

5612

5613

5614-2

5615

5616

5617

5618






旧岡家住宅(西の岡邸)
現在施設名:
住 所:高知県安芸郡田野町1846-2
所在地 マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/33.426659922054455,134.00884060186357,19
マップコード↓↓↓↓
421 601 701*38
電 話:
文化財指定:高知県保護有形文化財〈建築物〉平成9年5月6日指定
建築年代:不明
改築等:
用途区分:
残存建物:主屋
公開状況:無料公開
休館日:火曜日(休日の場合は翌日)
開館時間:9:00~16:30
沿革等
 古くは西の岡と呼ばれ、土佐藩主の東部巡視の際、脇本陣として藩の重臣が宿泊した。
 元々岡家の分家であり、長く製材や廻船を生業とする豪商の家だった。
 平成29年度にタレントのユージ氏と地域内外のボランティアが一体となって庭の再生に取り組み、石庭が完成した。
駐車場:無料(田野町ふれあいセンター) 
資料等:田野町HP、高知の文化財、現地説明板など、
H P:http://www.chugei.or.jp/tano/tourism/tourism-549
撮影日:2019年4月5日
近隣施設:岡御殿、幕末の志士関係多数、

561

562

563

564

565

566

567

568

569

5610



末永家住宅
住 所:愛媛県大洲市長浜甲309
所在地 マピオンマップ↓↓↓↓
電 話:
文化財指定:末永家住宅百帖屋敷=接客施設、末永家住宅旧主屋両棟 国登録有形文化財=平成15年1月31日登録
建築年代:末永家住宅旧主屋は明治17年(1884) 末永家住宅百帖屋敷は昭和2年(1927)
改築等:
用途区分:住宅
残存建物:主屋・蔵・庭
公開状況:無料公開【百帖屋敷】
解説等
 末永家住宅
 末永家は、代々長浜で回漕業を営んでおり、明治中期頃には回漕業以外にも塩・肥料などの商品も取り扱う店へと経営を拡大し、長浜きっての資産家へと成長しました。
 末永家住宅の建築主である「末永四郎平」は、明治35年より長浜町議会議員を5期、さらに昭和10年から11年まで町長として活躍した人物で、この建物は、港町として栄えた長浜の歴史を伝える重要な建物といえます。

旧主屋
 旧主屋は、末永家の建物の中でも最も古く、明治17年に建築されたもので、1階は末永商店の店舗兼住居として造られています。2階は建築当初は物置として活用されましたが、後に天井を張り居住出来る部屋へと変更されています。
 外観に見られる格子付窓黒漆喰の壁やなまこ壁などは、同時期に建築された内子町の「本芳我家」=国重要文化財によく似た印象を与える建物です。

百帖座敷=公開
 百帖座敷は、18畳の座敷二間と5畳の次の間から構成された建物で、かつては、渡り廊下で茶室(現在の広場附近)と繋がっていました。建築年代は、内部の襖絵から昭和2年頃と考えられています。
 内部には、合板による折り上げ格天井が設けられているほか、洋風装飾なども見られます。
 この建物は、末永家の接客用施設であり、地元の祭りや敬老会などの集会所としても利用されていたと伝えられています。 
資料等:下記HP、Wikipedia、 現地説明板、
H P:大洲市HP
駐車場:無料
撮影日:2018年9月18日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

百帖座敷
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24





旧 竹内家住宅
住 所:高知県高岡郡四万十町大正1311 
所在地 
マピオンマップ↓↓↓↓
電 話:
文化財指定:国指定有形重要文化財(建造物 昭和四十七年五月十五日指定)
建築年代:18世紀中頃(江戸中期)
改築等:昭和49年に移築修理(大正町中津川森ヶ内)
用途区分:住宅(山村農家)
残存建物:主屋=寄棟造り茅葺
公開状況:無料公開
規 模:桁行10.6m 梁間5.2m 面積55㎡
解説等:囲炉裏を中心に据えた竹編みの床。当初外壁を茅で作っていた。
管理者:高知県四万十町
資料等:高知県HP、現地説明板など
H P:http://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/maindetails.asp (文化庁データベース)
撮影日:2017年12月6日
近隣施設:道の駅「大正」、轟公園(石の風車)旧門脇家住宅

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14




↑このページのトップヘ