四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 仏生山・法然寺

仏生山・来迎院・法然寺
【本堂】

本 尊:阿弥陀如来立像 伝 法然作
開 基:松平頼重
創 建:寛文8年(1668)
宗 派:浄土宗
札 所:法然上人二十五霊場第二番札所、さぬき七福神の大黒天。
住 所:香川県高松市仏生山町字仏生山甲3215番地

電 話:087-889-0406
由 緒:Wikipedia参照
解説等:本堂は明治四十年(1907)に再建され、平成三年(1991)に改修されました。仏を祀る内陣には法然上人自作と伝わる阿弥陀如来像が安置されています。法然寺の前身である生福寺(まんのう町)から伝来したとも言われ、法然上人が一刀彫るたびに三度礼拝しながら作成したという逸話があり、「法然上人一刀三礼(さんらい)の秘仏」とも言われています。その他にも波乗りの法然上人像、親鸞聖人像、善導大師像、来迎の阿弥陀三尊像、中品下生(ちゅんぽんげしょう)の印を結ぶ阿弥陀如来立像の木像が安置されています。
文化財:絹本著色十王像、絹本著色観世音功徳図、紙本金地著色源氏物語図=重文指定(絵画) 三仏堂内の三体の仏像=県指定有形文化財指定
資 料:現地説明板、香川県教育委員会HP、Wikipediaなど、
H P:http://www.ark-a.com/nature/cat1_1/main.htm
駐車場:無料
関連記事:西念寺
撮影日:2021年3月15日


700-10


700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

700-80

700-90

700-100

700-110

書院
700-120


700-130

700-140

700-150



仏生山・来迎院・法然寺
【本堂門と大師堂】

本 尊:阿弥陀如来立像 伝 法然作
開 基:松平頼重
創 建:寛文8年(1668)
宗 派:浄土宗
札 所:法然上人二十五霊場第二番札所、さぬき七福神の大黒天。
住 所:香川県高松市仏生山町字仏生山甲3215番地

電 話:087-889-0406
由 緒:Wikipedia参照
文化財:
資 料:現地説明板、Wikipediaなど、
H P:http://www.ark-a.com/nature/cat1_1/main.htm
駐車場:無料
関連記事:西念寺
撮影日:2020年3月23日

本堂門
 切妻造の本瓦葺きで、間口二間、奥行き二間、高さ一丈七尺五寸です。円柱の本柱の前後
に袖柱を配した四脚門です。寛文年間(1661~1673)の建築とみられる。平成三年()に本堂と共に改修されました。

700-05

大師堂(弘法大師)
700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70


大黒
700-80



仏生山・来迎院・法然寺
【忠学上人堂と子育て地蔵】

本 尊:阿弥陀如来立像 伝 法然作
開 基:松平頼重
創 建:寛文8年(1668)
宗 派:浄土宗
札 所:法然上人二十五霊場第二番札所、さぬき七福神の大黒天。
住 所:香川県高松市仏生山町字仏生山甲3215番地

電 話:087-889-0406
由 緒:Wikipedia参照
文化財:
資 料:現地説明板、Wikipediaなど、
H P:http://www.ark-a.com/nature/cat1_1/main.htm
駐車場:無料
関連記事:西念寺
撮影日:2020年3月23日


700-10


700-20


700-30


700-40


700-50


700-60


700-70

子育て地蔵
700-80


700-90

祖師堂
700-100

仏生山・来迎院・法然寺
【涅槃門・三仏堂】

本 尊:阿弥陀如来坐像(中尊)・釈迦如来坐像・弥勒菩薩坐像の三尊仏=香川県指定有形文化財指定(彫刻) 平成23年(2011)3月31日指定
本殿本尊:阿弥陀如来立像 伝 法然作
開 基:松平頼重
創 建:寛文8年(1668)
宗 派:浄土宗
札 所:法然上人二十五霊場第二番札所、さぬき七福神の大黒天。
住 所:香川県高松市仏生山町字仏生山甲3215番地

電 話:087-889-0406
由 緒:Wikipedia参照
解説等
 三仏堂の由来は、阿弥陀如来坐像(中尊)・釈迦如来坐像・弥勒菩薩坐像を本尊とすることがその名の由来です。
 また、堂内には身丈九尺の木造釈迦涅槃像が安置されているところから涅槃堂とも呼ばれています。釈迦の生前の姿が立釈迦で、お亡くなりになった姿が寝釈迦であり、「嵯峨の立釈迦、讃岐の寝釈迦」と称されるほど有名な涅槃像で、松平頼重公の正室である晧月院殿の菩提を弔うために作られたとされます。この涅槃像を中心に、空中には雲に乗る釈迦の母・摩耶夫人、周囲には嘆き悲しむ十大弟子や動物の彫像五二類などが安置されています。これらの彫像群は「涅槃図」を立体的に表現したもので、全国でも非常に珍しいものです。頼重公は『仏生山条目』の中で毎年釈迦の命日に涅槃会を行うことを定めており、現在も毎年三月に行われます。
 涅槃門は、切妻造り本瓦葺きの八脚門で、「法然寺」の扁額掲げられています。
文化財:
資 料:現地説明板、Wikipediaなど、
H P:http://www.ark-a.com/nature/cat1_1/main.htm
駐車場:無料
関連記事:西念寺
撮影日:2021年3月15日

700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

700-80

700-90

700-100

700-110

700-120

700-130

700-140


仏生山・来迎院・法然寺
【黒門・広庭】

解説等
 門の名前は、全体が黒く塗られていることに由来します。
 法然寺に伝わる古い記録によると「大門」とも呼ばれていたようです。昭和六十二年(1986)、事故により門が倒壊したため、平成二年(1990)に以前の門の形式をもとに再建されました。再建前の門には高松藩の御庭焼である理兵衛焼の瓦で葺かれていました。
 門をくぐると「広庭」と呼ばれる空間がひろがっています。この広場(現在は駐車場)で、参道は、山上に向かう道、三仏堂に向かう道、本堂に向かう道の三つに分かれていました。
 この黒門から先が、極楽浄土となるといわれています。
 この門前で「下乗」、つまり駕籠などの乗物から下りるよう定められており、ここから先は特別であることが示されています。
 広場南側の出入り口は、江戸時代にはなく、広場は漆喰塗りの築地塀に囲まれていました。
本堂本尊:阿弥陀如来立像 伝 法然作
開 基:松平頼重
創 建:寛文8年(1668)
宗 派:浄土宗
札 所:法然上人二十五霊場第二番札所、さぬき七福神の大黒天。
住 所:香川県高松市仏生山町字仏生山甲3215番地

電 話:087-889-0406
由 緒:Wikipedia参照
文化財:
資 料:現地説明板、Wikipediaなど、
H P:http://www.ark-a.com/nature/cat1_1/main.htm
駐車場:無料
関連記事:西念寺
撮影日:2020年3月23日
前回BLOG:法然寺五重塔仁王門から般若台総門・十王堂


二河白道
 総門から黒門までの参道は、仏教の「二河白道」の教えを表しています。
 現世である東の岸と極楽浄土のある西の岸のあいだには一本の細い道があります。道の
 南には火の河(怒りや憎しみを表す)、北には水の河(貪る心を表す)が広がっています。道に迫る火や水を恐れず、現世から見送る釈迦如来の励ましと極楽浄土から阿弥陀如来の招きを信じて道を渡れば、西の岸すなわち極楽浄土に辿り着けるというのが「二河白道」の教えです。つまり阿弥陀如来を一心に信じることが、極楽浄土へ辿り着く方法であることを説いているのです。
 参道の北にある蓮池(現在は仏生山小学校)を水の河に、南にある前池を火の河に見立て、参道が極楽浄土へ続く「白道」としています。このように実景として「二河白を表した例は全国でも珍しいものです。
 黒門までの参道は、十王の裁きの後、二河白道をとおって黒門から先に広がる極楽浄土へ辿り着くという配置になっています。
700-10

黒門
700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

700-80

↑このページのトップヘ