四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 四国の寺院

寺 名:蓮華山・本楽寺
本 尊:阿弥陀如来像
開 基:伝恵運
創 建:伝天長5年3月
宗 派:真言宗御室派
札 所:
住 所:徳島県美馬市穴吹町三島字小島123
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.05243274508553,134.10131512205712,19(駐車場)
マップ↓↓↓↓
電 話:0883-52-2754
由 緒
 下記HP参照
H P:http://www.honrakuji.jp/ 
資料等:上記HP、美馬市HPなど、
拝観料必要
駐車場:無料
関連記事:
撮影日:2019年5月29日
近隣施設:徳島県 

561

562

563

564

564-2

565

566

567

568

569

5610

5611

5612

5613

5614

5615

5616

5617

5618

5619

5619-2

5620

寺 名:寶壺山 真城院 願勝寺
本 尊:阿弥陀如来
開 基:忌部五十麿
創 建:奈良時代
宗 派:真言宗 御室派
札 所:四国曼荼羅札所第六十八番 阿波西国三十三観音霊場第三十三番
住 所:徳島県美馬市美馬町願勝寺8
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.05170161228978,134.06044362109392,19(駐車場)
マップコード↓↓↓↓
228 172 737*54
電 話:0883-63-2118
由 緒
 前回BLOG参照 
資料等:
駐車場:無料
撮影日:2019年7月5日
近隣施設:安楽寺林照寺西教寺徳島県
561

561-2

562

563

564

565

566

567

567-2

568

569

5610

5611

5612

5613

5613-2

5614

5615

5617

5616

5618

5619





寺 名:一乗山・惣持院・大日寺
本 尊:大日如来
開 基:
創 建:
宗 派:高野山真言
札 所:
住 所:徳島県海部郡海陽町宍喰浦字宍喰423
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/33.566036249931955,134.30455146350525,19
マップコード↓↓↓↓
427 216 476*25
電 話:0884-76-2155
由 緒
 明治時代以前は、円頓寺(阿波駅路寺八ヶ寺)、真福寺と大日寺の三寺が寺町の北部に広大な境内を有し、各寺の伽藍がその壮大さを誇っていたが、円頓寺、真福寺の疲弊にともない、大正元年(1912)大日寺に合併して現在におよんでいる。
 大日寺は、真言宗金剛峯寺末で、方丈には本尊、大日如来(胎蔵界大日如来とよぶ)、毘沙門天、不動明王、薬師如来、弘法大師など安置している。
 薬師堂は、旧真福寺を移したもので、本尊大日如来(金剛界)および庚申は、もと円頓寺に祀ってあったもので、薬師像は、真福寺に祀ってあったものである。もと、祇園宮の秘仏本尊として、明治初期神仏分離の時まで、祇園宮に祀ってあったが、その後、神殿とともに真福寺に移転し祀ったものである。
 祇園とは、お寺の事で、釈迦が初輪廻をした寺を祇園精舎という。故に本殿は祇園牛頭天王を本尊として、薬師仏は牛頭天王の本地仏である。
 当時は、室町時代の末葉、宍喰南北両城の菩提寺であった大乗山惣感寺(禅宗)で愛宕山の東下にあった。現在の土地に移ったのは、天正三年(1574)と大日寺記に記されている。
 なお、翌天正三年(1575)に長宗我部元親の侵入により、大いに荒廃を来していた。蜂須賀氏入国後、蜂須賀蓬庵公より寺号を改め、一乗山惣持院大日寺と命名されて再建した。もと、禅宗であった寺を真言宗に改宗したのもこの時であった。
資料等:海部町誌など、
駐車場:
関連記事:徳島藩駅路寺制に関する一考察PDF(徳島大学) 
撮影日:2018年8月17日
近隣施設:宍喰浦の化石漣痕大里松原海岸徳島県

561

562

563

564

565

566

567

568

569

5610

5611

5612

5613

寺 名:至心山・千葉院・西教寺
本 尊:阿弥陀如来
開 基:千葉正宗
創 建:慶長14年(1609)
宗 派:浄土真宗本願寺派
札 所:
住 所:徳島県美馬市美馬町宮西13
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.05304164722167,134.061022978241,19(駐車場)
マップコード↓↓↓↓
228 172 889*65
電 話:0883-63-2067
由 緒
 慶長14年(1609)に安楽寺 第10代千葉正宗が三男の了宗を連れて隠居して建てたお寺です。俗に隠居寺とも呼ばれていました。
 藩政時代には、藩主御目見え等の諸事は、安楽寺と同様の格式をもち、美馬市・三好市・美馬郡・三好郡や香川県内の10か寺の末寺をもった大寺です。
 安政5年(1858)建立の本堂、天保14年(1843)建立の山門、昭和5年建立の経蔵が重厚なつくりであり、趣のある寺院景観を構成している
 特に本堂の前方に東面して建つ三間薬医門は、飛檐軒に雲形の彫刻が施される板軒を用いる特徴的な意匠である。
文化財:江戸時代後期に建てられた本堂と薬医門、昭和初期に建造された経蔵 登録文化財=平成20年10月23日
資料等:美馬市HP、
駐車場:無料
関連記事:
撮影日:2019年5月29日
近隣施設:千葉山・妙音院・安楽寺寶壺山 真城院 願勝寺徳島県
561

562

563

564

565

566

567

568

569

5610

5611

5612

5612-2

5612-3

5612-4

5613

5614

5614-2

5615

5616

5617

寺 名:塩崎山・真楽寺
本 尊:阿弥陀如来
開 基:
創 建:
宗 派:真言宗大覚寺派
札 所:阿波西国三十三観音霊場(西部)第三十二番霊場
住 所:徳島県美馬市脇町田上692
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.07499920148999,134.13105277340114,19(駐車場)
マップコード↓↓↓↓
160 241 541*60
電 話:0883-52-0054
由 緒
 
文化財:
資 料:webなど、
参照HP:
駐車場:無料
関連記事:
撮影日:2019年5月29日
近隣施設:東田上観音堂 

561

561-2

561-3

562

563

564

565

566

567

568

569

5610

5611

5612

5613

5620



↑このページのトップヘ