四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 四国てくてく(街並み)

高松駅前てくてく 2022/2
700-10

700-15

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

700-80

700-90

本間 純作 待つ人・内海さん
700-100

700-110


住 所:香川県高松市浜ノ町

撮影日:2022年2月19日

サンポート高松2022‐02
700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

700-80

700-90

700-100

700-110

700-120

700-130

700-140

高松港頭地区の愛称。小豆島・女木男木島・直島・大島航路の発着する港湾。散歩・ジョギング・釣り(港内側は禁止)などが出来ます。

撮影日:2022年2月18日

 土居廓中(どいかちゅう)  高知県安芸市土居
 野良時計を見学後、土居小学校の海鼠塀を横目に土居廓中(武家屋敷群)に散策。武家屋敷跡の生け垣が残っている伝統的建造物群保存地区の散策しながら、安芸城に向かった。途中武家屋敷野村家(後日記事にします。)見学。狭い通りに沿って土用竹(どようだけ)やウバメガシなどが使われた生垣が続く景観は時空を遡ったかのような錯覚も覚える通りです。田圃の中に忽然と現れる武家屋敷群は不思議です。
 写真は2013年4月25日撮影
 場所はスポットノート『古い街並み風景map』に投稿します。
 
消防頓所と火の見櫓
イメージ 1
 
右が土居小学校
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
野村家住宅
イメージ 9

【うだつの町並み】
 うだつの町並み 徳島県美馬市脇町 「重要伝統的建造物群保存地区」昭和63年(1988)12月16日選定 日本の道百選 
 美馬郡岩倉(現在の美馬市脇町)は藍(タデ科植物)の栽培が盛んで繁栄した町です。染料に加工され船で吉野川を利用して運搬していたようです。(藍の生産は後に吉野川流域に広がる。)

 東西に通じるメインの道路の長さは約430m、指定地区の面積は5.3ha、伝統的建造物は85棟、環境物件(石垣や井戸等)65件、修景物件(母屋、塀等)94件です。(伝統的建造物は88棟あったが、建物の劣化、倒壊により3棟減となりました。)

 うだつ(卯建・宇立)は、日本家屋の屋根に取り付けられる小柱、防火壁、装飾。
 町屋が隣り合い連続して建てられている場合に隣家からの火事で燃え移るのを防ぐための防火壁として造られたものだが、江戸時代中期頃になると装飾的な意味に重きが置かれるようになる。
 「うだつが上がる」ということは富の象徴であり、脇町に残る「うだつの町並み」は当時の繁栄を物語っています。

 駐車場:道の駅「藍ランドうだつ」を利用
 周辺施設 美馬市郷土資料館・吉田家住宅(有料)・オデオン座(有料)・道の駅「藍ランドうだつ」など
 文は、美馬市観光ページ&Wikipediaなどより転載しました。
 写真は2012年11月8日撮影

 うだつ
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 井戸
イメージ 7

イメージ 8

 オデオン座
イメージ 9

 道の駅へ
イメージ 10

【「おはなはん通り」と「大洲神社」】
 おはなはん通りは愛媛県大洲市大洲の東端、肱川に近い一角に、明治から大正時代に建てられた。武家屋敷と養蚕が盛んだった時代の名残である土蔵が並ぶ風情ある通りの事。昭和41(1966)に放映されたNHK朝の連続テレビ小説「おはなはん」の舞台になったことからこの名が付いた。
 明治の家並みは、商家と武家屋敷の境目ともいえる通りで、好対照の風景が見られます。北側の蔵並びは商屋のもので、南側は武家屋敷でした。また、この通りは、商屋と武家屋敷の境界にあたるためと、城より臥龍の地にある藩主の別邸へのお成道とし使用されていたため他の通りよりも広くなっていると言われており、他にも商屋の火事が武家屋敷に飛び火しないように配慮していたとも考えられています。
 明治時代に養蚕や製糸で栄えた家並みには、腰板張りの土蔵やなまこ壁が随所に残っています。この通りには大洲神社に続く石段があり、少し登ると、昭和燈や水平に並んだ家屋の屋根など、伊予の小京都の風情が感じられる町並みを見渡すことができます。

 大洲神社は愛媛県大洲市大洲ニ鎮座している。本殿様式 流造(桧皮葺) 主祭神 大国主命(おほくにぬしのみこと)
 大洲神社は大洲城の東方に位置し小高い社が商売繁盛の神・家内安全の神・安産の神・大漁満足の神としられた神社です。
 宇都宮家譜によると、元弘元年(1331)宇都宮豊房公が大洲城を築きし時、城内総鎮守神として下野國二荒山(ふたちやま)神社より勧請し、太郎宮として斎祭される。戸田・藤堂・脇坂を經、元和3年加藤貞泰城主となり、先例により祈願所と定めて崇敬し、以下歴代の藩主の崇敬篤く境内地・社殿の造営・修復・祭器具等の寄進がたびたびされ、旧縣社に列せられる。 元徳3年(1331)宇都宮豊房が大洲城を築城した際に、城内総鎮守の神として下野国二荒山神社より勧請し、太郎宮と称した。大正3年に久米神社、恵比須神社を合祀して「大洲神社」と改称した。
 大洲神社はドラマ「東京ラブストーリー」のロケ地
 0893-24-3683
 場所は、ワイワイマップにスポット投稿します。

 お花はん通り
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 明治通り 昭和塔(昭和3年に建てられた高さ12m程の灯籠)
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 拝殿
イメージ 8

 本殿
イメージ 9

 境内(能舞台?)
イメージ 10

 木豇豆(きささげ・きささぎ)ノウゼンカズラ科キササゲ属の落葉高木
イメージ 11

 階段上の鳥居からの昭和塔
イメージ 12

ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「おはなはん」検索→《歴史的縁の地、文化財、資料館などのMAP》を スクロールで選定する。

↑このページのトップヘ