四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 四国の史跡・遺跡

古墳名:北山古墳群・北岡山第二号古墳
700-10

700-20

700-30

700-40

700-50
700-60

700-70
場 所:当地みかん畑内(見学自由)
住 所:愛媛県四国中央市上柏町1631−2

形 式:円墳
規 模:
石 室:幅1.5m 高さ1.5m 奥行3.8m
羨 道:両袖形
築造期:七世紀中葉
史跡指定:四国中央市指定 昭和37年4月1日指定
解 説:北岡山のなだらかな丘の南斜面のミカン畑に二基並んでいます。この他にも丘の山頂近くに破壊されたものや下の田の中に在って消滅したものを含め、七基の古墳が確認されている。何れも七世紀中葉の群集墳である。
資料等:現地説明版
撮影日:2022年3月10日
駐車場:別に無し空き地で

古墳名:北山古墳群・北岡山第一号古墳
700-09

700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60


場 所:当地みかん畑内(見学自由)
住 所:愛媛県四国中央市上柏町1631−2

形 式:円墳
規 模:
石 室:幅1.5m 高さ1.5m 奥行1.8m
羨 道:片袖形
築造期:七世紀中葉
史跡指定:四国中央市指定 昭和37年4月1日指定
解 説:北岡山のなだらかな丘の南斜面のミカン畑に二基並んでいます。この他にも丘の山頂近くに破壊されたものや下の田の中に在って消滅したものを含め、七基の古墳が確認されている。何れも七世紀中葉の群集墳である。
資料等:現地説明版
撮影日:2022年3月10日
駐車場:別に無し空き地で

古墳名:横地山古墳箱式石棺
700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

場 所:三島公園(見学自由)
住 所:愛媛県四国中央市中曽根町
表示さている所より南方のクレーターのように写っているところ。
形 式:
規 模:墳丘には、直径7.5m、高さ1mの封土
石 室:
羨 道:
築造期:弥生時代後期
史跡指定:四国中央市指定史跡 昭和三十七年四月一日
解 説:封土の周りには河原石を並べて周縁部を形成していた。この封土の中に二基の箱式石棺が並列して構築されていた。
 東側の一号石棺は、長さ1.6m、幅0.42m、深さ0.24mで、一部破壊されていた。
 西側の二号石棺は、長さ2.0m、幅0.50m、深さ0.35mで、頭を南に仰臥伸展葬された人骨が出土し、鳥取大学小片保教授の研究により壮年男子と推定された。頭部及び石棺内部には酸化鉄の朱色が塗られていた。弥生時代後期の墳墓と推定されている。
資料等:現地説明版、
撮影日:2022年3月9日
駐車場:三島公園駐車場(無料)
関連BLOG:三島公園

古墳名:船岡山古墳

舟岡池堰堤石碑より右に入る
700-10

石切り場のようなところを左に見ながら進む
700-20

向井家の墓の前を進む
700-30

この杣道に入る。後は道なりに
700-40

700-50

700-60

700-70

700-80

700-90

700-95

700-100

700-110

700-120

700-130

場 所:舟岡山山頂
住 所:香川県高松市香川町浅野

形 式:前方後円墳積石盛土竪穴式
規 模:
石 室:
羨 道:
築造期:古墳時代前期
史跡指定:
解 説
 船岡山の山頂に古墳が有ることがわかっていました。
 平成二十年に古墳の発掘調査が高松教育委員会と徳島文理大学により行われました。その結果、全長44メートルの高松平野南西部では最大の前方後円墳と、形は不明なもう一基の二つの古墳が有ること、そして、前方後円墳は形態や出土品から三世紀代(古墳時代前期前半)に築造されたもので、もう一基もほぼ同時期に造られた可能性が高いことが明らかになった。また積石と盛土を併用した特異な墳丘の構造となっており、四国地域最古の得意な円筒形の埴輪も出土している。
資料等:現地説明版
撮影日:2022年2月14日
駐車場:無
参考資料 
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/kosodate/bunka/bunkazai/iseki.files/16962_L39_hunaokayamakohunn20090926.pdf
関連BLOG:舟岡池

宇摩向山古墳1号墳
700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

700-80

700-90

700-100

700-110

700-120

700-130

700-140



所在地:愛媛県四国中央市金生町下分乙18−2

築造期:古墳時代終末期(7世紀前半)
特 徴:墳形:長方形墳 墳丘規模:東西70m(復元)×南北46m 石室規模:全長10.8m 玄室:高さ3.9m 幅2.5m 高さ2.6m
資料等:現地説明板、Wikipediaなど、
文化財:平成二十三年(2011)9月21日国の史跡指定
解説等:四国中央市川之江の金生川の東岸の丘陵先端部に築造された大型長方形墳である。開口部は南側で玄室内は側壁の石は鏡石より大きい。結晶片岩の巨石が使用されているようで、何処から運ばれてきたのでしょうか。トラックや重機もない時代なのに。
 尚、柵が設けられていているが、立ち入り禁止の表示もない。
駐車場:無料
撮影日:2021年10月18日

↑このページのトップヘ