四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 四国の史跡・遺跡

山家公頼の墓(和霊廟)
所在地:愛媛県宇和島市宇和津町一丁目
史跡指定:宇和島市指定史跡=昭和38年(1963)2月11日指定
解説等
 宇和島藩伊達秀宗が、宇和郡10万石に封じられ、宇和島(当時板島)に入ったのは元和元年(1615)のことであった。秀宗の父伊達政宗は、家臣の中より力量手腕の秀でた山家清兵衛公頼を総奉行として藩政を委託した。公頼は藩の財政の立て直し、民力の涵養に努めること五年間、大いにその治績を挙げたのであった。
 しかし、元和五年(1619)幕府の命による大坂城石垣修理工事問題等を契機として、公頼排祖の空気が高まり、元和六年(1620)六月30日の夜、秀宗の意をうけた武士たちが公頼の邸を襲い、公頼をはじめ、十九歳になる二男治部、十四歳の三男丹治は刃に倒れ、九歳になる四男の美濃は井戸に投げ込まれ、命を落としたと伝えられている。山家邸は今の丸之内和霊神社の地となる。
 公頼に日頃から好意を寄せていた人達によって、遺骸は密かに金剛山西の谷に葬られた。後に秀宗も冤罪であったことを認め、領内の庶民も公頼の高徳を慕い、香華の煙が絶えなかったという。現在、おたまや様(和霊廟)として、毎年七月二十九日の祭日には、多くの参拝人で賑わっている。
資料等:現地説明板など、
駐車場:無料(大隆寺駐車場)
マピオンマップ:↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/33.21470020952477,132.5753420406808,19
マップコード↓↓↓↓
176 159 310*38
撮影日:2019年7月10日
近隣施設:大隆寺、和霊神社、宇和津彦神社  

561

562

563

564


565

565-2


565-3


566







古墳名:小蓮(こはす)古墳
住 所:高知県南国市岡豊町小蓮
場 所:マピオンマップ↓↓↓↓
マップコード↓↓↓↓↓
73 344 468*87
形 式:楕円形(築造当初の墳形は不明)
規 模:長径(南北)28m 短径(東西)22m 高さ7.13m
石 室:両袖式横穴式
羨 道:玄室・羨道を含めた石室全長は10.8m
築造期:6世紀後半
史跡指定:高知県指定文化財(史跡)=昭和28年(1953)1月29日指定
解 説
 玄室には床面に割石が敷き詰められている。
 石室内から須恵器・金銅製中空玉・金環・鉄刀子・鉄鏃・馬具・ヤリガンナなどが出土している。副葬品から判断して、有力な古代豪族の墳基とみてよい。
資料等:Wikipedia、現地説明板など、 
撮影日:2019年1月14日
アクセス:高知県道384号を高知方面岡豊山バス停(標識は車道側には見えないが、右側のは車道側よりも岡豊山と書いている)岡豊病院方面へ右側に小さな標示板がある。
駐車場:無し(道も狭い)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

古墳名:拝中古墳(はいなかこふん)
住 所:美馬市脇町字拝原1081番地
場 所:マピオンマップ↓↓↓↓

形 式:円墳 両袖式横穴式
規 模:直径15m、高さ5m(推定)
石 室:現全長7.1m、玄室長3.6m 最大幅2.4m、高さ3m
羨 道:現羨道部長3m
築造期:6世紀後半から6世紀末
史跡指定:美馬市指定 昭和49年12月17日 
解 説:曽江谷川の堆積作用による扇状地上標高45mに位置する。
 奥壁は結晶片岩の1枚石で、側壁は基底部の1~2段は結晶片岩を使い、その上は砂岩を積み重ねており隙間を結晶片岩の割り石を使っている。
  側壁を内側に向かって持ち送る段の塚穴型石室であり、天井部は7枚の結晶片岩が使われている。南に開口している。
資料等:美馬市観光頁など、
撮影日:2017年1月18日

国道側から見た風景
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

羨道の天井石は無い
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

古墳名:拝東古墳(はいひがしこふん)
住 所:徳島県美馬市脇町字拝原2470番地
場 所:マピオンマップ↓↓↓↓

形 式:円墳 両袖式横穴式石室
規 模:直径15m、高さ5m(推定)
石 室:現全長5.5m、玄室長4.5m、最大幅2.5m、最大高2.7m
羨 道:現長1m
築造期:6世後半から6世紀末
史跡指定:昭和49年12月17日 美馬市指定
解 説:墳丘の北側は民家・西側は果樹園・東側は水路・南側は畑でもって削り取られており本来の姿は殆ど見られない。
 奥壁と側壁の玄門石の高さまでは砂岩を使っており側壁の持ち送る部分は結晶片岩の割り石を使っている。
  奥壁と側壁から持ち送る段の塚穴型石室であり、天井部は7枚の結晶片岩が使われている。
資料等:美馬市文化財HP、
撮影日:2017年1月18日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

古墳名:三島古墳群・2号墳
住 所:美馬市穴吹町三島字三谷365
マピオンマップ↓↓↓↓

形 式:円墳(約12)
規 模:東石室北北東に開口 全長5.6m 
石 室:玄室長1.9m 最大幅2m 最大高1.8m 
羨 道:不明
築造期:古墳時代後期(6世紀後半期)
史跡指定:美馬市指定 昭和62年(1987)3月11日
解 説:玄室の天井を斜めに送るもので、主に美馬市周辺に分布する「段の塚穴型石室」に分類されるものです。三島古墳群は1・2・3号の古墳で構成される。
資料等:現地美馬市教育委員会設置説明板
撮影日:2017年1月18日

1号墳

イメージ 1

イメージ 2

羨道部
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

玄室部
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

↑このページのトップヘ