四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

カテゴリ: 四国の自然景観

名 称:宍喰浦の化石漣痕
住 所:徳島県海部郡海陽町宍喰浦
場 所:マピオンマップ↓↓↓↓
マップコード↓↓↓↓
427 187 769*50
見どころ
 第3紀始新世から漸新世に生成された舌状漣痕で、露頭面積も広く、彫刻も深く、かつ数種の異型のものが別々の層をなしている。細互層の砂岩下面には、当時の生物の生態痕などの底痕が残されている。
 流れ漣痕としてその規模、保存状況などわが国でも代表的なものであり学術上の価値は高いと認められる。
文化財:天然記念物
指定日:昭和54年11月26日(1979)
資料等:文化庁データベース、現地説明板など、
撮影日:2019年3月1日
駐車場:無し(路駐)
周辺施設:
==============================================================================
「宍喰浦の化石漣痕」は、約4500万年前、新世代第三紀の始新世中期に生成にされた水流漣󠄁痕で、露頭面積も広く、彫刻も深く、かつ数種の異型のものが別々の層をなしている。地層は四万十帯、室戸半島層群の奈半利川層に属し、泥岩と互層する細粒砂岩層に上面には、水流漣󠄁痕を見ることができます。代表的なものは、波長数10cmの舌状漣痕です。水流漣痕は、断面の形態が非対称で、一定方向の流れによって形成され、当時の水流が海溝軸に沿って、東北東から西南西に向かっていたことが伺われます。下面には底生生物に生痕化石が見られ、日本海溝の水深4000mを超える陸側斜面で見られる生物の這い跡に比類されmす。当時の海溝に至る陸側斜面深部の海底の様子を物語るものです。地層面は東西に延び、北側に高角度で傾いており、海洋プレートの大陸下への沈み込み伴い、大陸側に傾きながら押し上げられた付加運動によるもんです。
【現地日本語説明板より転載しました】
==============================================================================

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4


イメージ 3

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

名 称:阿波の土柱(波濤ヶ嶽)
住 所:徳島県阿波市阿波町北山
場 所:マピオンマップ↓↓↓↓
マップコード↓↓↓↓
160 310 665*21
景観指定:国の天然記念物
指定日:昭和九年(1934)五月一日
解 説
 この地は、約100万年前から70万年かけて阿讃山脈から流れ出た土砂が何層にも堆積してできた砂礫層が、断層の活動により隆起した場所。土柱はその砂礫層が浸食してできたものである。
 雨水が、露出した砂礫層の斜面の窪みを流れて溝をつくり、雨ごとに岩石や土砂が流され溝を深めてゆく。
 土柱は、硬い岩石や礫層のある抵抗力の強い部分が浸食を免れて、土の塔やカーテン状の柱を多数形成した特異な景観であり、今もなお、自然の影響を受けその姿を変え続けている。
 この地の土柱は、波濤ヶ嶽で、昭和九年(1934)五月一日に国の天然記念物に指定されている。この他にも、燈籠嶽・不老嶽・莚嶽・橘嶽が周辺に散在している。
 遊歩道完備、途中・山頂にも便所完備している。写真は、正面及び下から上から撮りました。
その他の指定:土柱高越県立自然公園
資料等:現地説明板、
駐車場:無料
撮影日:2019年1月24日
周辺施設:高越山、 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

名 称:五色ノ浜の横浪メランジュ
住 所:高知県土佐市宇佐町竜
場 所:マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/33.42468997640675,133.45716116954824,19
解 説
 高知県土佐市横浪半島の五色ノ浜海岸には、「四万十帯」と呼ばれる海岸プレートが動いて日本列島に付け加わってきた地層(付加体)が分布しています。
 五色ノ浜の横浪メランジュは、このような考え方(プレートテクトニクス学説)を、世界に先駆けて陸上で初めて証明した場所として国内外から高い評価を受け、2011年2月7日に「国の天然記念物」に指定されました。
 「メランジュ」とは、大きさや種類の異なる色々な岩石が無秩序に混在している地層で、「混在」「混合」を意味するフランス語です。
 横浪メランジュの岩石群に含まれる放散虫化石の年代や古地磁器の測定から、この地域には1億3千万年前から7千万年前までの地層が入り乱れて分布していることがわかりました。この地層は、赤道付近の海底で噴出し、プレート運動によって運ばれてきた「枕状溶岩」や放散虫の遺骸が積もって出来た「チャート」、四国付近の陸地から運ばれてきた「砂岩」「泥岩」から成っています。四国沖の海溝で海洋プレートが沈み込む際に、枕状溶岩・チャートの一部がはぎとられ、この砂岩や泥岩の中に切れ切れになって取り込まれ、付加したのです。
 横浪メランジュの北端にある伊坂の鼻を越えた岩場では、「地震断層の化石」を観察できます。
文化財:国指定天然記念物
資料等:現地説明板、
撮影日:2018年2月21日
周辺施設:青龍寺武市半平太像

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

名 称:霧合(むごう)の滝
住 所:愛媛県今治市菊間町川上
場 所:マピオンマップ↓↓↓↓

河 川:菊間川水系霧合川
山 名:
標 高:
落 差:20m
文化財:
資料等:現地説明板、滝ペディアなど
撮影日:2017年6月28日
 霧合の滝は、一名前「古滝」とも言い、近くにある歌仙の滝よりも古くから、「水行の滝」として多くの信者さんに愛されてきた。  【今治地方観光協会菊間支部】

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 観音堂には、十一面勧善音菩薩(木造)が安置されていたが、平成15年8月、不審火による火災のため焼失した。
 松尾地区住民は、信者さんの遺された浄財を基に、大勢の方々のご尽力を得て、平成17年9月、十一面勧善音菩薩をお祀りした。
 また、堂内の左右に祀られている聖勧善音菩薩および大黒天は、火災のときに焼失を免れたものである。
【今治地方観光協会菊間支部】
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

美濃田の淵
徳島県指定名勝天然記念物
昭和30年7月15日指定
住 所:徳島県三好郡東みよし町足代
マピオンマップ↓↓↓↓

解説等
 『美濃田の淵』は、吉野川中流域の景勝遊楽の地として知られている。淵は塩基性の点紋片岩(阿波石)からなり、個性的な奇岩・快岩は「獅子岩」「鯉釣岩」「千畳敷」「雄釜」「雌釜」「ウナギ巻岩」など名付けられ、古くから親しまれてきた。深い淵は吉野川が南に移動した際に、隆起する四国山地の「青石」は、塩基性の点紋片岩(高圧型変成岩)であり、濃緑に白色が鮮やかな曹長石の点斑は海洋プレートの沈み込みにより、約一億年前の地下深部で形成されたことを物語る。
【徳島県教育委員会・東みよし町教育委員会】

資 料:現地説明板、
撮影日:2017年1月18日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14


↑このページのトップヘ