義経騎馬像 徳島県小松島市旗山田野と芝生の境
 旗山は当時の小島の山頂(標高20m)へ源氏の白旗を立て軍陣の標記としたことから、旗山と呼ばれています。山頂に6.7mの日本一の高さを誇る義経騎馬像立っている。
義経阿讃を征く
 新しい世の光をうけ、1185年天の時来る。嵐のなか、摂津渡辺の津(大阪市堂島)から海路二十五里、義経軍勢、中ノ湊の多奈に上陸、軍船勢合に集ふ。芝生旗山に清淨と、正々の白旗ひるがへる。
 渚にひかへし新居見城主近藤六親家、義経「ここは何処ぞ」親家「勝浦に候」と応へ天神山の手勢を率るて先陣を承る。堂々の陣、田口良達の熊山城を撃破して、北山の東海寺から、あつり越へして国府に至る。白鷺に導かれて 佳吉の吉野川を渡河し、金泉寺から阿讃の国境、松明を焚いて越ゆ。
 東讃引田の要津、馬宿の海蔵院に仮宿白鳥から朝霧ふかき田面峠、粛々と二隊に分かれる。
 熊野別当湛増率ゐる。水軍播磨灘に入る。志度 古高松 相引川 源氏が丘に 戦機熟せり 白旗と赤旗入り交ふ天下分け目の屋島合戦 三日にして 平家宗盛政権の本陣落城
旗山八幡神社参道入り口脇に石の説明板より転載しました。
文は、現地説明石板&小松島市HPなどより転載しました。
写真は、2013年6月25日撮影
場所はスポットノート『源氏・平家map/銅像や記念碑map』に投稿します。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
天馬石
名馬磨墨と宇治川先陣争いをした名馬池月が石に化したといい、また馬が天からおりて化石になったという天馬石は、旗山の東北角にあって、馬の形をしており、この石を踏むと腹痛を起こすという。
イメージ 8