四国観光スポットblog

四国の観光スポットの足跡を写真で紹介するブログ

神社名:葛城神社
祭 神:一言主神
700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

700-80

700-90

700-94

700-97

700-100

700-120

700-130

700-140

700-150

700-160

700-170

700-180

700-190

創 建:天喜年間(1053~1058)
創 基:
社 格:
住 所:徳島県鳴門市北灘町粟田字池谷2

電 話:
由 緒
 天智天皇が阿波国から大和国へ向かう際、当地で落馬し目を負傷、粟田の地で療養したと伝わる。
 
 石碑より
 當神社□□著者□所世人知也
 而其為社地従来設備不完埃村
 人常遺憾之於是有志者激勱欲
 改脩焉偶在多方信者讃同其以
 醵金補助工資且西内藤倉二氏 
 献礎石乃明治四十一年春起工
 村人交出助工事始一千工埃而
 西内氏常□役遂至大正四年五
 月竣工其所成就築瑞籠尚擴祠
 前規模大改奮觀胘曜人目是雖
 一依 神徳抑亦主幹者熱心所
 致也於是記其大要以傳亍後昆
 云爾

「め」の神様 葛城神社
 葛城神社は「めの神様」として徳島県鳴門市で有名なかみさまです。「目の神様」のいわれは、第三十九代天智天皇が九州に船で巡幸される時に一言主神もご一緒し、途中で粟田(葛城神社がある場所)の浜に立ち寄り、滞在されました。ある時、鯉や鮒の釣りをしに渓谷の上流へ向かう途中、乗っていた馬が葛藤に躓き、一言主神は馬から落ちてしまいます。その際、竹の切り株に目をぶつけてしまい、このことが原因で目を患われた。一言主神は養生のため、一人粟田に残ります。ある日、井戸水と薬草で目を洗ったところ、眼病が治ったといわれており、喜んだ一言主神は眼病で苦しんだことを忘れず、目の病で苦しんでいる人達のために、徳島・葛城神社の祭事として、加護することを誓われました。以来、氏子区域には男竹と葛藤は生えることなく「葛城神社で祈願したところ目の病が治った」というひとが参拝者が多いことから、「鳴門の目の神様」として有名になりました。
  
四国曼荼羅霊場六番札所
駐車場:無料
撮影日:2024年3月15日
資料等:現地石碑、説明版、Wikipediaなど

名 称:鬼骨寺のイブキ
別 名:シンパク(真柏)
樹木名:ヒノキ科ビャクシン属(ネズミサシ属)
700-10

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

700-80
指定区分:徳島県鳴門市指定天然記念物
樹 齢:
樹 高:
胸高周囲:
枝張り:
伝 説:
場 所:鬼骨寺境内
住 所:徳島県鳴門市北灘町折野屋敷
資 料:鳴門市文化財、現地説明版など、
撮影日:2024年3月15日

寺 名:東海山 宝持院 鬼骨寺
本 尊:薬師如来
700-10

700-15

700-20

700-30

700-40

700-50

700-60

700-70

700-80

700-90

700-100

700-110

開 基:空海
創 建:大同年間
宗 派:高野山真言宗
札 所:阿波北嶺薬師霊場第二十四番札所
住 所:徳島県鳴門市北灘町折野屋敷129

電 話:087-821-7260
由緒等
 当地には親子4匹の鬼が住み、村人に害を及ぼすことが多く、地名の折野も古くは鬼野と記した。
 建永2年(1207)、浄土宗祖の法然が讃岐国配流を命じられた際、鬼は法然に教化されて前非を悔い、浄土に生まれ変わろうと投身した。そこで村人たちは鬼の遺骨を境内に埋葬し、現在の寺号へ改称した。
 天正年間に戦乱による兵火に羅災し本堂公文書等の悉くが灰塵に帰した。元禄年間に至って再び建立復興した。
 地名も鬼の字を避けて折野と称するようになったという説がある(鳴門市史上)。
 なお、当寺にまつわる鬼教化の伝承については、『法然上人絵伝』(七福絵伝)や『円光大師略伝』巻之下にも見える高僧伝承のひとつである。
 江戸期には板野郡荘厳院(現在の地蔵寺)の末寺とされる『阿波志』。元禄15年(1702)から同16年に行われた本堂修理時に、鬼の骨と伝える獣骨が出土し、現在も寺宝として保存されている。
 昭和六十一年三月、本堂庫裡など完成。
参拝時間:
資料等:当寺石碑、Wikipedia、googleMAPなど
駐車場:無料
撮影日:2024年3月15日
関連ブログ:法然ゆかりの地

↑このページのトップヘ